『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ほんとにあったのよ、怖い話
 ここ最近は雨の日が続いていて、うだるような暑さではないものの湿度が高くて過ごしにくいですね。
 しかし、コミケの三日目だけは開催中の間はカラリと晴れてくれました。相変わらずオタクの精神力(物欲)は天候をも動かすのですから感心します。十年以上も前のコミケだったと思いますが、予報では台風が直撃するはずだったのに何故かビッグサイトだけ雨が降らず、対岸の倉庫街では雨が降っていた光景は忘れられません。

 そんな超常現象もありましたが、今回は霊感0の私が唯一体験した不可思議体験をば綴りたいと思います。
 私、22歳の時に『自然気胸』というヤツをやりまして、一週間ほど入院していた事があります。これはその時の体験なのですが……。

 その時に入院したのは地元にある、まあそれなりに大きい総合病院でした。ただ建物は古く、少なくとも私が小学生ぐらいの時から外観は何一つ変わっていない、おそらくは内装もずっと変わっていなかったのだと思います。
 時期は五月の連休辺りだったでしょうか。如何せん最初は『背中の筋を違えた』と思っていたので「やたらとヒューヒュー言うなぁ」とのん気に構えていましたが、三日くらい続くので病院に行った次第です。病院で『気胸』とわかり、即入院しました。
 一週間の入院と安静を言い渡され、5階の病室の廊下側のベッドが割り当てられました。この時の病室は隣の部屋で廊下が終わる、突き当りの一個前といった部屋です。

 特に何事も無いままに、四日ほど過ぎた日の夜中でした。私はそもそも寝つきが悪く、また普段から夜更かしをする口なので病院の所謂10時消灯では何時までも暗い中を悶々と眠くなるのを待つしかなかったのですが、消灯してからだいぶ時間が経った頃でした。
 周りのベッドの患者さんや隣近所の病室も寝静まった静かな病院で
 
 カツーン……カツーン……
 
 と、足音が響いていました。
 廊下は直線で、聞こえてくる方向にはナースステーションがあるので「あ、看護師さんが見回りしてる」とぼんやり考えていました。

 ……カツーン……カツーン

 足音は近付き、私の病室の前を通り過ぎてそのまま遠ざかって行きました。そして、聞こえなくなってから私はベッドの中でツッコミました。
 「イヤイヤイヤ、戻って来いよ‼」
 先ほども書きましたが、私の部屋はほぼ突き当りなので、行ったら戻って来ないといけないはずなのに帰りの足音がしなかったのです。第一、退院後冷静になって考えてみると、看護師さんなら足音がするはずも無いのです。

 後にも先にも不可思議体験はこれだけです。また体験したいとも思いませんけども。
 ちなみに、昔この話をした時に某声優さんから「(足音が)部屋の前で止まらなくて良かったですよね」と言われました。確かにそうですね。と言うか、その発想は無かったです。
 少しは涼しくなっていただけましたでしょうか……?



スポンサーサイト

オランダの『串』……否さ『メザシ』?
 コミケに参加された方々、お疲れ様でした。今年の夏コミは例年と比べて過ごしやすい気温で、寧ろ人の熱気の方で暑かったのではないでしょうか? 湿度は高かったですが……。
 例によって私も参加して行列に並びまして、戦利品を得て参りました

 戦果2017年夏
 今年も楽しんでるな、自分
 この他にも『サルミアッキ』をフューチャーした日芬合同誌等々も買わせていただきました。
 夏の塩分補給はサルミアッキで。(サルミアッキの塩味にミネラル分は含まれておりません)
 
 計画、実験、試作機シリーズのトリを飾りますのは
 フォッカーD23箱絵
 オランダはフォッカー社のD.ⅩⅩⅢです。詳細はコチラ
 P-38のような双胴でもあり、Do335のようなエンジンのタンデム配置でもある、時代を先取りしたとも見れなくもない設計の飛行機です。
 製造メーカーはチェコの『RSモデル』社。1/48では三式戦闘機『飛燕Ⅱ型・改』を販売してくれている飛燕ファンには有難いメーカーです。肝心のキットの方は、このシリーズではもうお馴染みの簡易インジェクションキットです。なので、内容の方は……

 フォッカーD23(仮)コックピット
 コックピットを作っていきますが、『主脚格納庫の一部をコックピットの床パーツ裏に彫刻する』と言う「簡易インジェクションのくせにそんな精緻な組み合わせが出来るんかい」と思わされる作りになっています。
 まあ実際、主脚格納庫パーツを削らないと床パーツの「ここに嵌めるよ」的な溝には嵌らなかったんですが。
 これだけの写真だと少し寂しいですが、コックピット周りにはそこそこパーツがありますので組み上がれば良い感じにゴシャッとしたコックピットになりそうです。見えなくなりますけど

 パーツ一つ一つの彫刻やパネルラインのスジ等はそこそこ一般のプラモデルと変わらない出来栄えです。パーツ自体の形には時々難がありますけれども。パーツ数もそんなに多くは無いので、ゆるりと進めて参ります。

 つづきます

 


イナヅマヤ 闇ノ方行ク 五位ノ声
 他の出演者の方々もツイッター等でチラホラ書かれるかなと思いますが、早いものでもう一年経ってしまいました。
 『ブレイブウィッチーズ』第一話の収録から
 今だあの日の事は鮮明に覚えております……。そして、今月末は最後のDVD、Blu-rayである『特別編』の発売があり、本当に一括りが来たのだなぁと感慨に耽っています。第二期がある時は、水沼に再びの出番がある事を祈るばかりです……。いやもう、水沼中尉でなくてもいいんです、作品に関わる事さえ出来れば……

 『ウィッチ』ファンの戯言はここまで。
 震電・改左前から
 震電・改、完成しました。

 震電・改上から
 見れば見る程、時代も場所も間違えているような機体です。実際の所、ジェット化はしていなかった訳ですから、場違い感は当然の事なのですが。着地姿勢で背が高いのも、日本機らしからぬ印象の原因でしょう。とは言え、この主脚が取り付け角度も方法も非常に不安がありまして、強い地震が来たら折れそうで怖いです。
 機体下にアンテナ支柱を立てているので作業中は何度となく折りました。大戦末期のドイツジェット機等は空中線は張っていても支柱までは立てていないので、その辺の設計センスと言うか、無線技術(電子機器の技術)の差がここに現れていると思います。

 震電・改後ろから
 組立説明書では切り落とすようになっていましたが、やはり尻餅を搗く事はあるだろうと判断して垂直尾翼の小さな車輪は残しました。
 このような先尾翼式、推進(プロペラ)式の飛行機は垂直尾翼の取り付けに難儀していたのが同様な各国の飛行機にも見て取れますが、震電における配置はスッキリしていて優れた設計ではないでしょうか。

 この8月にハセガワがこの製品を再販するようです。購入と製作を考えている方にアドバイスさせていただくと、
 レジンパーツ、殊に胴体脇のエアインテークパーツは十分な擦り合わせと仮組みをする事
 をお勧めします。私のキットがそうだったのかもしれませんが、エアインテークパーツは変形、収縮していたので途中で切断してプラ材を噛ませて整形しました。
 それと主翼上面中央部の赤枠は主翼のパネルラインと合いません。尾翼のデカールはそのまま貼ろうとするのは難しいです。この二ヶ所のデカールは事前に切っておくと良いでしょう。

 この計画、実験、試作機シリーズも次で一応締めたいと思います。次の空モノはオランダの『串』です。

 


在庫状況を確認しないからこうなる……
 先日、見知らぬ番号(しかも00から始まっていたので、まず日本ですらないと思われます)から携帯に着信があり、訝しみながらも出てみると案の定
 少しの間を置いて中国語と思しき録音音声
 が流れてきたので気味が悪いから切りましたが、これって
 かけ直すと法外な通話料を請求される詐欺
 ですよね? かけ直していませんし、着歴も気持ち悪いので消してしまいましたが、出たぐらいで請求されたりしないか結構気にしております。

 E-50の塗装に使う『ダークイエロー』の残りが僅かなのに気付かず、塗装作業の予定が二つの模型でぶつかってしまった為に再び間が開いてしまいました。
 ①震電改
 震電改(仮)ロールアウト状態
 基本塗装とデカール貼りが終わりました。
 ひっくり返っているのは、機首部分に機体下方向に伸びたアンテナ支柱がある為です。
 震電の特徴の一つでもあります。まあ、上に伸びていても問題は無い気がしますが、下に伸びているお陰でスッキリとした見栄えになる訳ですけれども。主脚が付けば元に戻りますので、もうあと一息です。

 ②E-50
 E-50(仮)新車状態
 そんな大ポカを乗り越えて、こちらも基本塗装は終わりました。吹きこぼしを修正しなくてはなりませんが、取り敢えず新車な状態です。
 こちらはデカールが付いていないです。なので、修正の後に汚しと小物の取り付けで完成となりますが、流石に国籍マークぐらいは無いと寂しいので手持ちを漁るつもりです。

 『塗料の残りが無いから工作が止まる』というのは以前にもMe163コメートでやらかした事ですが、久しぶりにやらかしました。
 もう一つありがちなのが、『久しぶりに使う塗料をいざ開けてみたら固まってた』という事案ですね。こちらは『溶媒液』があるので塗料の復活は出来ますが、その為に一晩は何も出来なくなってしまいます。
 この二点は普段から注意していたのですが……。

 完成までもう暫くお待ちください。




流石の生産性
 先日、少々興味深いニュースがありました。何でも
『サウジアラビアの皇太子が替わり、それに伴いサウジアラビアでもアニメ制作が行われるようになる』
らしいです。
 新しく皇太子となられたムハンマド皇太子はアニメに理解があるそうで、サウジアラビアでは禁止されていたアニメを解禁し、且つ同国の昔話等をアニメ化する為に会社も設立されたとか。そこには日本からも協力が行われているとの事。
 アテレコの技術協力なら是非とも我が事務所に、とひっそりとアピールしておきます。グローバルに行きたいものです。

 E-50ですが、パーツが少ないのと履帯がベルト式(重要です)だったので、たったの一週間余りでこの通り

 E-50(仮)車体
 ……まあ、そんなに形が変わった訳ではありませんけども。これで車体の工作は終了です。
 車外装備品も既に全てを切り出して、整形してありますのでサーフェーサーを吹いて塗装するだけです。

 E-50(仮)砲塔その1
 戦車の顔、砲塔も出来上がりました。これが横を向くと……
 E-50(仮)砲塔その2
 長い!
 砲身は16㎝程あります。シュマールトゥルムと呼ばれる小さい砲塔にする予定だったので、主砲70口径7.5㎝砲はそのほとんどが外に飛び出る事になりますから致し方ないとは言え、バランスが悪い感じがします。
 70口径7.5㎝砲と言う事は、砲身の長さは7.5×70=5m25㎝となり、その1/35ですから525÷35=15㎝の長さに……あら、何故実寸と差があるのかしら?
 装填する所まで外に飛び出しているのかもしれません。

 E-50(仮)
 乗っけるとこんな感じです。あっさりした印象ですが、主砲の長さに迫力があり強そうな気がします。
 これで後は塗装して仕上げです。私が手掛ける戦車模型の割には制作スピードが速いですが、あまり拘らずに作っているのも一因ですね。お陰で精神的にも楽で助かります。

 つづきます