『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



「汚名『挽回』をしたく」って間違ってはないらしいですね
 少し遅い話になってしまいますが、東武動物公園のフンボルトペンギン
 グレープ君に謹んで哀悼の意を表させていただきます
 遅参のフレンズとなった私ではありますが、『けものフレンズ』界隈では有名なこのペンギンの様々なエピソードは聞き及んでおりました。吉崎観音先生の御計らいも素敵です。
 もし生まれ変わったら、二次元もリアルも充実した人生になってもらいたいものですね。

 さてさて、変わり種オープントップ車両を作って肩慣らしをしたところで、リベンジという事で作り出す陸モノは
 Ⅰ号自走重歩兵砲箱絵
 15cm砲をⅠ号戦車の車体に無理やり載せた『Ⅰ号自走重歩兵砲』です。詳細はコチラ
 二号自走重歩兵砲のモヤモヤをⅠ号で取る……取りたいです。

 Ⅰ号自走重歩兵砲(仮)車体下部
 車体はⅠ号戦車なので然程大きくはないのですが、他のドイツ戦車と比べると大分ゴチャゴチャした複雑というか構成要素の多い足回りをしていると思います。
 完成すると隠れる場所が多いので、やはり先に塗装をしてから組み立てていきました。ちょっと色が違うのは、最初は大丈夫かなと思っていたけれどやっぱり塗っておいた方が良いと判断して後から筆塗りした部分です。

 Ⅰ号戦車は『トラクター』の秘匿名称で作られた上、実験的な要素が強い為に実戦的な目的には合わないと思うのですが、この車種の他に対戦車自走砲にも改造されている辺り当時のドイツ軍の資材不足が垣間見えるのではないでしょうか。
 スマートキットではありますが、実車の構造を忠実に再現しています。どれぐらい忠実かは追々わかっていただけると思いますので、ご期待ください。

 つづきます



スポンサーサイト

もう少し時間がかかりそうです
 遅まきながら、
 誕生日お祝いコメントを下さった皆様、ありがとうございました
 
 またも、二つの模型が塗装作業でバッティングしてしまった為に作業が停滞してしまっております。そういう時に限って色々と重なってしまうもので、ここは一つじっくりと腰を据えてこなしていこうと思います。

 ①D23の事
 機体の工作は完了し、後は仕上げのサーフェーサーを吹いて塗装をする段階となりました。
 フォッカーD23(仮)
 あまり手を加えるつもりはなかったのですが、照準器だけ真鍮線や余ったエッチングパーツ等から適当に自作しました。
 少し適当過ぎたかもしれません。

 ②ホイシュレッケの事
 こちらも小物を取り付ける以外の工作は終了し、エッチングを使用した部位にのみタミヤの白サフを吹いて塗装をするのみとなりました。
 ホイシュレッケ(仮)

 製作中は悩んでいたのですがドラゴンのキットでは砲塔を取り外すクレーンのパーツが足りないようなので、パーツを固定しないで砲塔を降ろした状態も再現する事を諦めて、砲塔を載せた状態のみとする事にしました。
 10,5㎝榴弾砲(嘘)
 幻の『砲塔を降ろして普通の榴弾砲』とした状態、です

 毎年の誕生月とその六ヶ月後である三月の二回、歯科検診に行っているのですが、小さい虫歯が見つかってしまいました。
 大したものでもないのですが、虫歯と言われると何故ああもテンションが下がるのでしょうね。
 第一、毎回「歯石もほんの少ししかなくて、非常に良く磨けていると思います」と言われるのに、検診の度に自分で「あれ? これちょっと虫歯でない?」と思う箇所が出てくるのは歯医者の陰謀じゃないかと疑心暗鬼になります。
 落ち着いて作業できる時間が取れそうなので、順次仕上げていこうと思います。 

 追記、又は一ストライクウィッチーズファンの叫び
 小さな発見と言えば、『ブレイブウィッチーズ特別編』のブックレットの502部隊比較図でサーシャ大尉の苗字がちゃんと女性形で表記されていました。比較対象以外にも目を凝らすと色々と見つけられますね。




在庫状況を確認しないからこうなる……
 先日、見知らぬ番号(しかも00から始まっていたので、まず日本ですらないと思われます)から携帯に着信があり、訝しみながらも出てみると案の定
 少しの間を置いて中国語と思しき録音音声
 が流れてきたので気味が悪いから切りましたが、これって
 かけ直すと法外な通話料を請求される詐欺
 ですよね? かけ直していませんし、着歴も気持ち悪いので消してしまいましたが、出たぐらいで請求されたりしないか結構気にしております。

 E-50の塗装に使う『ダークイエロー』の残りが僅かなのに気付かず、塗装作業の予定が二つの模型でぶつかってしまった為に再び間が開いてしまいました。
 ①震電改
 震電改(仮)ロールアウト状態
 基本塗装とデカール貼りが終わりました。
 ひっくり返っているのは、機首部分に機体下方向に伸びたアンテナ支柱がある為です。
 震電の特徴の一つでもあります。まあ、上に伸びていても問題は無い気がしますが、下に伸びているお陰でスッキリとした見栄えになる訳ですけれども。主脚が付けば元に戻りますので、もうあと一息です。

 ②E-50
 E-50(仮)新車状態
 そんな大ポカを乗り越えて、こちらも基本塗装は終わりました。吹きこぼしを修正しなくてはなりませんが、取り敢えず新車な状態です。
 こちらはデカールが付いていないです。なので、修正の後に汚しと小物の取り付けで完成となりますが、流石に国籍マークぐらいは無いと寂しいので手持ちを漁るつもりです。

 『塗料の残りが無いから工作が止まる』というのは以前にもMe163コメートでやらかした事ですが、久しぶりにやらかしました。
 もう一つありがちなのが、『久しぶりに使う塗料をいざ開けてみたら固まってた』という事案ですね。こちらは『溶媒液』があるので塗料の復活は出来ますが、その為に一晩は何も出来なくなってしまいます。
 この二点は普段から注意していたのですが……。

 完成までもう暫くお待ちください。




告知とか進捗とか
 ここの所、少しドタバタしてしまいまして、色々と滞っております。
 お仕事じゃなくて、私用が原因なんですけどね時にはお仕事でバタバタしてみたい……

①BI-1の事

 BI-1(仮)塗装完了
 BI-1、塗装終了しました。ここから更に細部を塗り分けたり、汚し塗装を入れていきます。
 来週を目途に完成させたい所です。

②足柄さんの事

 足柄艦上構造物(仮)表 
 小さな艦上構造物をひたすらに作り続けています。
 第二、第四砲塔の上に付く張り線の櫓を伸ばしランナーで自作しました。汎用エッチングパーツにもある事はあるのですが、姉妹艦『妙高』、『那智』との見分けるポイントで『足柄』だけ4本脚で、エッチングパーツは3本脚だったので自作する事になりました。ホント、報われない艦です……。
 奥にあるクモヒトデの食腕みたいなのは25mm単装機銃です。全部で24門あります。
 足柄艦上構造物(仮)裏
 これの工作は戦車の履帯なみに厳しかったです。
 いよいよ艦体色の塗装に取り掛かれます。

③告知
 来たる6月4日日曜日に、一日限りの朗読劇に出演します。場所はJR恵比寿駅より徒歩4分の所にあります『恵比寿セブン』、時間は15時からの回と18時からの回がございます。
 プロデュースするのは、我らが賢プロダクションの代表、野村道子さんです。今回の公演、私はちょっと大変な役を仰せつかったりなかったり……。
 その他の詳細とチケットのご予約はコチラとなっております。お時間がありましたら、是非いらして下さい。





日本一のおもしろまんが
 来たる2017年4月14日金曜日午後19時よりテレビ朝日系で放送中の国民的長寿番組

 ドラえもん
 『おばけ口目の怪事件』(原作:てんとう虫コミックス41巻『しゅっちょう口目』)

 に出演させていただきました。

 私にとって『ドラえもん』は物心ついた時には既に見ていたテレビアニメの原点であり、声優として出演する事は夢であり、そもそも常に私の人生と共にあった、私の人生そのものと言っても過言ではありません。そして、この思いはドラえもんが大山のぶ代さんから水田わさびさんにバトンタッチしても変わりません。
 原作コミックは人生の教科書であり、この回の台本は厳重に保管、管理しています。収録現場にお邪魔した時は、不謹慎な例えかもしれませんが、天皇陛下に拝謁する程に緊張と感動を覚えました。
 セリフ自体は短く、役どころも原作には描かれていない準オリジナルではありますが、今回このような機会に恵まれた事について全ての人に感謝しつつ、私も本放送を楽しみにしております。