『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Die lange Lanze ist nicht nur begrenzt 'Zwischenlösung' .
 梅雨明けしましたが……暑い!!ですね。皆様も体調管理にはご注意下さい。去年の夏ですが、事務所の後輩が駅で軽い熱中症になり現場に遅れてやって来た事がありました。

 さて、もはや地獄の塗装祭りを終えて、漸くさ完成しました。
Ⅳ号駆逐戦車左前より
 四号駆逐戦車です。P-400でも似た文を見た気がしたら、きっとデジャヴュです。

Ⅳ号駆逐戦車後ろより
 塗装だけでなく、この金網の防御盾『トーマシールド』の取り付けがまたまた地獄でした。
 素材は『網戸の網』みたいな物だったのですが、これが留め具のパーツに簡単には嵌まってくれません。思ったより力がいる上に力を入れると車体に取り付けた側のパーツが取れるという無限ループ
 その上、漸く嵌めた網の上から被せる『押さえ』がエッチングで用意されていたのですが、これがまた場所によって合わないという気紛れさんで困りました。
 
Ⅳ号駆逐戦車前より
 長い砲身はやはり迫力があります。
 しかし、このシールド前方の金属板部分も取り付け方が曖昧、且つ車体と繋いでいる腕の部品は長さが足りないようで隙間が出来てしまいました。パッケージの作例写真をよく見たら腕部品は自作されていました。オフィシャルがそういう事しますか……。
 新パッケージではこの辺りの事が見直されているようなので作られる方にはそちらをオススメします。

VとAその1 VとAその2
 ずっと以前に作った0型との比較です。振り分け的には同じ車種の筈ですが、『似てるけど違う』感がありますね。

 結局、基本塗装まではスムーズに行けましたが、その後の仕上げに手間取ってしまいました。やはり戦車模型は色塗っただけでは工程の未だ半分と言った所でしょうか。リアリティの出し方が飛行機と違うのが楽しい所です。

 次の陸モノは『38(t)を超える古株』の予定です



スポンサーサイト

とても珍しい、速い展開
 ボヤボヤしている内に梅雨に突入してしまいました。これから暫くは模型を作るには厄介な季節が続きますね。

 とは言え、
Ⅳ号駆逐戦車(仮)右より
 まあ、何と言う事でしょう。
Ⅳ号駆逐戦車(仮)左前より
 普段ならもう少し手間取っているはずのAFV模型が前回の記事から二週間程で塗装直前まで出来上がりました。
 金網を吊るすパイプさえ無ければもっと速かった事でしょう。説明書の絵がわかり辛く、何処にどんな角度で取り付ければ良いのかわかりませんでした。なので、最終的には
 アドリブ
です。
 そもそもこの模型を買ったのは
70口径7,5cmPaK42
 この金属砲身を特売で購入していたのに、使う機会がなかったからでした。これで漸く成仏させられます。因みに、これを取り付ける為に車体側の砲身基部は瞬間接着剤でガッツリ固定してあります。動かせなくなったのはちょっと残念です。

 調子良くここまで来れましたが、実際には履帯と言う最大の課題をスルーしているです。大物な宿題は後に残せば残すほど更に大きい課題になってしまいますが果たして……。

 つづきます




AFV(また)始めました
 先日、事務所の後輩たちとカラオケに行きまして、そこで『真っ赤なスカーフ』を歌ったのですが、映像付きバージョンで歌っていたら『相原がホームシックにかかって宇宙に飛び出す』シーンが流れまして後輩たちに驚愕&爆笑されました。

 ……
 …………ジェネレーションギャップか

 とは言え、「必ず帰るから~」の所であのシーン流されたら、そりゃ笑うだろうと。笑わざるを得ないですわなと。
 映像編集した人は何を狙ってこの組み合わせにしたんでしょう?

 バルグレイの完成に重きを置いた為に久しく離れていた陸上兵器の製作を再開しました。再開第一弾はコレ。
4号駆逐戦車箱
 四号駆逐戦車です。『ガールズ&パンツァー』で歴女チームに「ヘッツァーのお兄ちゃんみたいなの」と呼ばれていたヤツ、のバージョン違いです。詳しくはコチラ

 一体化した戦闘室のお陰で、箱を開けて~、切り出して~、組み立てて~、とやると
4号駆逐(仮)
 あっと言う間に大雑把な形まで来てしまいました。物自体はもう組み慣れつつある四号戦車シリーズですからね。
 それより難儀しそうなのはイラストにもある防御用金網の工作と取り付けですが、果たして。

 つづきます