『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Ich glaube mich , Ich hatte eine lange zurückgelegte Strecke.
 10月25日日曜日の午前8時からテレビ朝日系列で放送される
 『仮面ライダーゴースト』第四話
にちょこっと出演させていただきました。どんな役でどんな感じかは放送で、という事で。
 挿し替わってなければ良いなぁ……

 告知もそこそこに
35(t)ちょっとだけビネット風
 35(t)完成しました。
 ……前回の更新が「車体ガデキタヨー」状態だったのにいきなり完成しているのは、
 途中で写真を撮るのを忘れたからです
 ……まあ、やった事はいつもと変わりません。バッと塗って、ペタペタ小物類をくっつけて、ガッと汚しただけです。
 次からは気を付けます

 手前にジェリカン(燃料の容器)が置いてあるのは、一個は余ったから、一個は車体にセット出来なかったからです。
35(t)ジェリカン
 この後ろには本来六個乗せるらしいのですが、仮組み時でも結構キツかったのが、色を塗って汚したら完全に嵌まらなくなりました。とは言え、これでも十分雰囲気が出ているので良しとします。ちょっと見え難いですが、缶の口から垂れたオイル汚れが思いの外上手くいって満足しています。

35(t)右下より
 今回は『ロシア戦線』に行った35(t)戦車としたので、「チェコで作られてポーランド、フランスと転戦してか~ら~の~ロシア」と想定して結構派手目に汚してみました。よーく見ると、サスペンションのアームの間等ヨゴシが届かなかった箇所がチラホラとありますね。
 個人的にはもっと泥っぽい表現にもしてみたかったので、そういう素材の購入も考える時期なのかもしれません。それにそういう物を使うとよりヨゴシ忘れがなくなりそうな気もします。

35(t)砲塔
 小さくとも戦車の『顔』、砲塔です。今回は全体的に出来が気に入っているので、接写が多めです。
 「接写に耐えうる作品を心がける」と模型雑誌の『超級指南』に書かれていたので、今回は大分心がけてみました。まだまだ甘い点は多いですが、極力埃を取り除く等の製作技術以外で頑張りました。

 後戻り出来ないのが怖いので、ダメージ表現や消耗表現に中々手が出せていないのが悩みですが、少しずつ挑戦してみようと思います。

 次の陸モノは『スズメバチ』の予定です



スポンサーサイト

一部連結式のワナ
 現在、白泉社様の『花LaLaオンライン』にて『フルーツバスケットanother』が掲載されているのをご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、いかがでしょうか?
 実は私、フルバ大好きです。単行本全巻はモチのロンの事、ファンブックに原作者、高屋菜月先生の画業20周年記念応募者全サDVDの為に『花とゆめ』を買い、学生時代には一般教養の授業で『漫画について論ずる』と言うゼミを履修した際には単位を取る為の最終提出レポートのテーマにこの作品を選んだくらい好きです。
 まだ二話しか進んでいませんので、かつてファンだった方、今回興味を持たれた方には是非ともお奨めします。
 えぇ、まだ二話なので色々と見えてきませんが……、しかし、一話目で懐かしいキャラが二人も出てきた時点で私のテンションはかなり上がりました

 自身とは全く関わりの無い宣伝をしたところで35(t)でございます。
35(t)(仮)足回り
 前回の更新から一ヶ月強、ようやく足回りが巻かれました。一部色が濃いのはリタッチしたからで、完成した時にはどうにかなっているはずです。
 何故にこんなに時間がかかってしまったかと言えば、それは同時進行中の空モノ原因があると言えばあるのですが……、まあ、そんな事を言っても始まりませんね。

これが本当の35(t)(仮)
 砲塔を乗っけると完成した感じになりました。ここから小物類を付けてやったら塗装開始です。

 以前作った『42式自走ロケット砲』の時もそうだったのですが、私はどうも『一部連結式キャタピラ』というのが苦手です。手間も時間もかかるけど、一枚一枚バラけている『組み立て式』の方が後々調整が利いたり、特に弛みを付け易いと言う点においては差が決定的と思います。
 この35(t)も『一部連結式』だった訳ですが、やはり私にはやり辛かったですね。このキットの場合、履帯の上下、直線部分が一枚の板状になっていました。その他にも短い板状部分が何枚かがあり、それらをバラの履帯パーツで繋ぎ合わせると言う、『一部連結式』としてはオーソドックスな作りだったのですが、『組み立て式』の様に一直線状に組み上げて接着剤を乾燥させ、いざ巻こうとすると大体大きな一枚パーツとバラの繋ぎ目で切れました。モノが大きいから繋ぎ目に一気に力がかかってしまうのでしょう。
 あまり多く見かける方式ではないので慣れる前にストックを作りきってしまう……、それ以前に他にもこの方式のが私のストックの中にはもうない気もしますが。

 しかし、苦手な作業もこれで終わり。後は小物パーツをチャチャッと着けて、サッサと仕上げてしまいましょう。

 つづきます

 追伸:
 コメント欄や拍手コメントでお祝いを下さった皆様、ありがとうございました。篤く御礼申し上げます。


『t』は重さじゃありません
 『ガールズ&パンツァー』の再放送はもちろんチェックしておりますが、『ワカコ酒』が個人的にヒットしております。「観ると呑みたくなる飯テロ酒飲みアニメ」とでも申しましょうか。2分という短さも相まって、本当に気楽に視聴できます。
 私はコレで、食べ終わったシャケの皮をパリパリに焼いて食べるようになりました。

 今回、新たに作り出した陸モノは
35(t)箱絵
 タミヤの35(t)戦車です。詳しくはコチラ

 『タミヤ』としておりますが、中身はCMKという実車と同じチェコのメーカーが作っており、幾つかのアクセサリをタミヤが同梱して発売された商品です。従って

35(t)バラバラ事件
 今のタミヤでは先ずありえない、「車体からして組み立てる」という簡単そうで意外と難しい作業を初っ端から強いられます。とは言え

35(t)の(仮)
 サクサクと手を動かせば、強いられようがあっという間です
 まあ、やはりと言うか何と言うか、隙間は出来てしまうのでここからパテのお世話になります。私の腕の問題もあるかと思いますが。

 小さいですが、ちゃんと戦車の形をしています。まるで世界最小のカメレオンがちゃんとカメレオンの形をしていた時のような感慨が湧きました。
 出来上がってから大きさ比較をするのも楽しそうです。

 つづきます