『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



der Elefant,dem wird durch Elektrizität bewegt.
 作り出したとご報告してから三ヶ月、遂に完成しました。
エレファント前から
 うーむ、私の腕が未熟な所為か、時間がかかってますね……。いわゆる一つの『超級』!を目指してる訳ではないので(とは言え、近づきたいのも事実……。やはり、作るからには上手くなりたいですものね)、時間をかけたからと言ってすごい作品に出来ないのはわかっているのですが……。
エレファント後ろから
 一年生チームに狙い撃ちされた(しつこい)薬莢すてるトコ辺りはこんな感じに。近づくと意外にデカールの段差が気になるものですね。
 写真をとってから気付かされる事も多いです。
エレファント上から
 模型ならではの俯瞰から。
 ちなみに牽引ワイヤーはポルシェ・ティーガーからフック部分を拝借し、ポスターなどを吊り下げるのに使われるワイヤーを切り出して自作しました。やっぱり有ると無いでは大違い。良いアクセント(誤魔化し)になりますね。ワイヤーが付いていない方の車体側フックが上に上がったままになっているのに今しがた気付いたところです……。

 これにてエレファントは終了です。次回はちょっと変わったテイストの兵器に迫ってみたいと思います。『戦場の女王』とか『戦場の華』とか言われる代物です。

スポンサーサイト

ポルシェ博士んトコの象
 HDレコーダーに録画してある『ガールズ&パンツァー』を観返し、モチベーションをあげている今日この頃。アニメでもアレだけ動いて活躍してくれているのを観ると、戦車作りたくなりますよね?
 ちなみに、飛行機を作っている時にモチベーションを引き上げてくれるのは
『ストライクウィッチーズ』
です。ズボンやキャラには目もくれず、エンジン音や銃火器音に耳をそばだて、そして元ネタになった人たちに思いを馳せて製作意欲を充電、それから後にズボンを鑑賞しています。

 さて、とりあえず塗装が完了しました。
エレファント左側面
 デカールも貼り終え、ここからはウェザリング作業に入ります。気になった所は逐次修正という事で。
エレファント正面
 左側はまだマシですが、正面は筋の幅が単調ですね。やはりちゃんとした三面図、欲を言えば五面図がないと迷彩のセンスが無い身には厳しいか……。
 先日書いた『悲劇』とは、塗装ブースの上のホルダーに挿していたエアブラシを誤って引っ掛けてしまい、エレファントに落下、直撃した事です。
 この正面写真に写っているのですが、正面から見て左側の車体上面にある輪っか(車体上面をクレーンで吊るす時のフックでしょうか?)をぶっ潰しました。他にもダメージはあったものの何とか直せましたが、ここだけは復旧不能と判断、バトルダメージとして誤魔化す事にします。
 後ろからだとこんな感じ
エレファント後面
 デカールがいつものドラゴンと比べて厚い感じがします。且つ、古いのか割れる割れる。リタッチしなくてはなりません。
 コーティングしているので余計に面への追従性が悪かったです。普通のソフターでは効き目が薄かったので、アクリル塗料用シンナーを使いました。

 ここまでくれば後一息。つづきます。


ようやくここまで
 どうやら先週書いた記事が保存したつもりでしていなかったらしく、ものすごく簡単に終わってしまったかのように見えなくもない感じになってしまいますが……
エレファント塗装前1
 
工作終了です

エレファント塗装前2
 塗装前でもこういうアングルはなかなか良いですね(自画自賛)
エレファント塗装前3
 一年生チームに破壊された『後ろの薬莢捨てるトコ』もこの通り……右側のフェンダーが歪んでいたらしく奥まで差し込んだのに曲がっています。気付かなかった……。
 もともと履帯と起動輪、誘導輪のピッチが合わないのですが、右の履帯が微妙に嵌まってないですね……。この反省を次に生かそう……。

 主砲は差し込んであるだけなので、塗装の際は外します。さて、いよいよ塗装です。


ツィンメリってみた
 いや~、『ガールズ&パンツァー』最終回二話、面白かったですね~。マウスがまさか倒されるとは……。個人的にあの倒し方は、ティーガーがグレイハウンドに破壊されたという逸話を彷彿とさせられました。
 終わってみると、すごく部活してた感もあって不思議な作品でしたね。
 ちなみに私は左衛門佐押しです。

 さて、作中では一年生チームに撃破されてしまったエレファントですが……
 コーティング終了……!?
 コーティングが終わりました。……何か後ろにいますが、錯覚です。きっと。

 車体に付く小物類もこの通り
小物類
 エレファントとフェルディナントは車外装備品を箱の中に一括で入れていた、との事でこういう作業が必要な車種としては助かります。

 これで一山超えました。次は足回りですかねぇ……(遠い目)
 続きます


痘痕にパテ詰め込む
 桜が開花したり、ガルパン11話にまさかのマウスが登場したり、一週間で色んな事が起こるものですね。花粉症も杉のヤツは折り返しを過ぎてだいぶ楽になりました。

 さて、マウスと同じポルシェ博士んトコのエレファントですが……
エレファント戦闘室
 とりあえず、戦闘室にコーティングしてみました。

 ……。
 ……。
 ……。

 あまり進んでません
 これで車体にもコーティングできれば、後はスンナリ進んでくれるはずですが、やはりコーティングは手間ですね……。作業中は楽しんですが……。

 同時進行させる空モノはコチラ
Re2002箱
 タミヤ/イタレリの『レッジアーネRe.2002アリエテⅡ』です。
 ……箱開けた時の「これ、良い感じじゃね?」を早速裏切られつつありますが、どうなることやら。