『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



『いざ生きめやも』
 去る12月21日より『ジョーカー・ゲーム』シリーズ第二作、『ダブル・ジョーカー』のオーディブル配信が始まりました。個人的に気にしているのは作中にある『一人で漫才』のシーンでしょうか。上手くやれていると良いのですが。
 どうやら一月毎の配信のようですね。来月も二十日過ぎぐらいに第三作が配信されるものと思われます。

 さて、零戦二一型、完成しました。
 零戦二一型前より
 マーキングは真珠湾攻撃時に空母『加賀』に所属し、第一次攻撃隊第一波の零戦隊の指揮を執った志賀淑雄大尉乗機です。全面単色の塗装に日の丸と帯の赤がコントラストで良く映えます。
 塗装はよく『飴色』論争と呼ばれる、謎の色です。零戦の模型を作る時は必ずこの問題が出てくるので、二の足を踏んでいました。とは言え、色と言うのは個人個人の感覚による所があるので、最終的に灰白色(三菱系)と灰緑色を1:1で混ぜた物を吹き、クリアーに極々少量のオレンジを混ぜた物を薄く重ね吹きして基本塗装とし、自分の中のイメージに近付けました。最後に油彩でフィルタリングしますが、青を多めにして空と海の青が反射している感じを狙いました。また、「これから真珠湾を目指す」というイメージで排気等の煤汚れは控えめにしてあります。

 零戦二一型後ろより
 私は、零戦はこのような後ろからのアングルが好きです。特に零戦に合っている気がします。

 これにて主力戦闘機を作り倒すのは終了です。今度は計画・実験・試作戦闘機シリーズを作っていきたいと思います。第一弾は未来を生きてた国ドイツの『Δ』です。


 ……さて、『ブレイブウィッチーズ』第二話において、私がどうしても納得出来なかった箇所を。
 注意:ここから先は只の一マニアによる心の叫びとなっております。キモくて長くてキモいので、興味が無い方、オタクが生理的に受け付けられない方はここで閲覧をお止めになられるのが賢明です。


...read more
スポンサーサイト

「ほほう、ちょっと聞くが……リアルな零戦とは何だ?」
 ……伯爵、朝チュンしやがった…………(8話感想)

 島田フミカネ先生のツイッターによると、後ろの人物に押し切られたそうなので、空戦同様攻めが主体で攻められると弱いようですね。
 基本的にズボラで享楽主義者の伯爵様ですが、モデルのクルピンスキーの戦果に従えば、カールスラント(ドイツ)16位、世界でも17位の実力者ですから、あの活躍はさもありなんと言った所です。
 荷揚げされていた物資ですが、アレはアレですね、80cmもあるアレですね。アレの上の方に付いてる部品ですね。
 調べてみると、507部隊の表記は3話の時点で既にあったのですね。まだまだ私も甘かったです。いよいよもって目を皿にして鑑賞しなければ……。

 胴体を貼り合わせた零戦は
 零戦二一型(仮)十の字
 サクッと十の字になりました。図面と摺り合わせる事は今回しておりませんが、パーツをキッチリと組み立てて接着してやれば、良い感じの上反角と捩り下げが再現されます。(本当は翼端の下面を薄くしてやったりする必要がありますが、今回はパスで)
 これまでほとんど外国機ばかり作って来たので、改めて零戦を作ると胴体の細さとそれにしては大きくて広い主翼である事が再認識されます。それでいて全形のバランスは取れている、実に良いデザインです。

 零戦二一型(仮)スキマ
 このハセガワ製零戦の最大の問題点と言うか難点と言いますか、機首下の空気取り入れ口のパーツ分割が特殊でして、主脚格納庫内にも分割線が来てしまう謎の作りになっております。特に今回は金型もくたびれているのか、ちょいちょいダメな箇所が出て来まして、この様に結構盛大な隙間が出来てしまいました。

 栄一二型エンジン(仮)
 そんな隙間を埋める作業の合間にエンジンを組み立てて、「お約束の」プラグコードを追加します。金属が剥き出しな感じになってしまいましたが、黒で塗ってプロペラを付けるとまず見えなくなるので、この辺でお茶を濁します。

 『リアルな』模型という物はとても難しい問題です。前回の記事にあったあのシーンの後、某青い狸は「実物をスモールライトで小っちゃくすればいいじゃない」とあくび交じりにのたまいますが、それと『リアル』と感じる模型は違います。
 縮小すると小さくなり過ぎる物は省略したり、等倍にした時明らかにオーバースケールになるような物があったりしても、完成した物に説得力がある物が『リアル』である条件の一つだと思います。
 アニメも最近ではダイナミックな動きや正確な距離感を求めてCGを多用するようになりました。ここでは更に如何に全体と色合いや効果と言った面で周囲に溶け込むかも大事になっていると思います。そしてそれは、だいぶ違和感無く出来るようになったとも思います。『ヤマト2199』でも一章の頃は「ヤマトが軽い!」と批判がありましたっけ。
 ……しかしです、だがしかしです、あのCGは――

 少しだけ暗黒面が出始めたのでこの辺で。
 つづきます

 


「……何だ、コレは? 女将を呼べっ!」
 ――エイラーニャは無敵だッ! 無敵のコンビだぜ

 七話の感想です。齢なのか、涙腺が弱くなってしまって、あの曲を引っ提げて二人が現れた時は泣きかけました。脚本の掌の上で簡単に転がされております。
 未だ公式には語られていないフーファイター『ナインテイル』の存在を伯爵が匂わせていたり、またブリーフィングルームのシーンで地図上に『507JFW サイレントウィッチーズ』がさり気無く表示されていたのもポイント高いですね。作中でキチンと部隊として既に発足しているという事ですから、シリーズ展開も十分にあり得ると。(町の地図の方が『サンクト』ペテルブルク表記になっていたのはアレですが……)
 サーシャ大尉のセリフにあった「冬爺さんと雪娘」と言うのはこの人たちの事です。
 冬爺さんと雪娘
 人だかりが多かったのでアングルが悪くて申し訳ありません。冬爺さんの後ろにはトナカイ(娘)もいます。
 
 では、本題に入りましょう。主力戦闘機の製作、延長戦のお題は
 零戦二一型箱絵
 まあ、日本に生まれた方ならば、一度くらいは何処かで名前ぐらい聞いた事があるであろう、零式艦上戦闘機、その初期型である二一型です。

 これまでの『サクッと作って、サクッと終わらせる』の方針に従い、大きく手は入れません。
 零戦二一型コックピット1 零戦二一型コックピット2
 指示通りの色を塗って、指示通りに少しだけ塗り分けてやって、これまた指示の通りにデカールを貼ってやるだけでこの通り。
 それなりにでも、見栄えのするコックピットが出来上がってしまいました。私が手を加えた事と言えば、座席に穴を開けてシートベルト(今回は着色済みエッチングパーツ)を付けただけです。

 零戦二一型(仮)胴体
 悲しいかな、胴体に組み込んでやるとあっという間に見えなくなりますけども。
 前回のブーメラン、もといBf109の時もそうですが、やはりハセガワ製は良いです。丁寧に作業する事だけを心掛ければ、まずあからさまにおかしいなんて事にはなりません。
 今回は製品自体が古い上に金型も古くなっているのか、変な段差が目立ちましたが削って均せば誤魔化せます。
 予定外の延長戦ですから、サクサク行きたい所です。

 この零戦絡みの記事では『ブレイブウィッチーズ』引いては『ストライクウィッチーズ』への言及が多くなると思います。予めご了承下さいませ。
 だって、あの第二話のアレはちょっと……ねぇ
 アレを観た時の私の心境が今回のタイトル、私の頭に浮かんだ心象風景がコチラです。関係各所から怒られそうなので、この様にさせて頂きます。この方を師匠と仰ぐ人も多いのではないでしょうか。

 つづきます