『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



オランダの『串』……否さ『メザシ』?
 コミケに参加された方々、お疲れ様でした。今年の夏コミは例年と比べて過ごしやすい気温で、寧ろ人の熱気の方で暑かったのではないでしょうか? 湿度は高かったですが……。
 例によって私も参加して行列に並びまして、戦利品を得て参りました

 戦果2017年夏
 今年も楽しんでるな、自分
 この他にも『サルミアッキ』をフューチャーした日芬合同誌等々も買わせていただきました。
 夏の塩分補給はサルミアッキで。(サルミアッキの塩味にミネラル分は含まれておりません)
 
 計画、実験、試作機シリーズのトリを飾りますのは
 フォッカーD23箱絵
 オランダはフォッカー社のD.ⅩⅩⅢです。詳細はコチラ
 P-38のような双胴でもあり、Do335のようなエンジンのタンデム配置でもある、時代を先取りしたとも見れなくもない設計の飛行機です。
 製造メーカーはチェコの『RSモデル』社。1/48では三式戦闘機『飛燕Ⅱ型・改』を販売してくれている飛燕ファンには有難いメーカーです。肝心のキットの方は、このシリーズではもうお馴染みの簡易インジェクションキットです。なので、内容の方は……

 フォッカーD23(仮)コックピット
 コックピットを作っていきますが、『主脚格納庫の一部をコックピットの床パーツ裏に彫刻する』と言う「簡易インジェクションのくせにそんな精緻な組み合わせが出来るんかい」と思わされる作りになっています。
 まあ実際、主脚格納庫パーツを削らないと床パーツの「ここに嵌めるよ」的な溝には嵌らなかったんですが。
 これだけの写真だと少し寂しいですが、コックピット周りにはそこそこパーツがありますので組み上がれば良い感じにゴシャッとしたコックピットになりそうです。見えなくなりますけど

 パーツ一つ一つの彫刻やパネルラインのスジ等はそこそこ一般のプラモデルと変わらない出来栄えです。パーツ自体の形には時々難がありますけれども。パーツ数もそんなに多くは無いので、ゆるりと進めて参ります。

 つづきます

 

スポンサーサイト