『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Valzer ragazzi!
 先日、初めてパチスロの音声収録をしました。収録自体は至って普通で、取り立てて特別な事もありませんでしたが、が、が、その自分の仕事ぶりを確認する日はないだろうなぁと思う今日この頃です。
 何せ我が家には家訓がございまして、
『株とギャンブルには手を出すな』
 父が子供の時に祖父が、私が子供の時に父が、それぞれ株で大損するという失敗をやらかしまして、それ以来の教訓であります。……歴史浅いな
 思えば私もドラクエのカジノで損ばかりしていた記憶があります。地道に働くのが合っている家柄なんでしょう。

 そしてReggiane Re.2002
Re2002その1
 完成です。
 マーキングは『ワルツを踊る小人』ジュゼッペ・チェンニ(Giuseppe・Cenni)少佐です。ストライクウィッチーズのジュゼッピーナの元ネタになった人です。そちらは島田フミカネ先生のHPを御覧ください。
 作っていて気付いたのは、イタリア空軍所属にも関わらず国籍マークとファシスト党のシンボルが描かれていない事。しかし、他のマーキングではデカールを貼るように指示があったのですが、この機体だけはありませんでした。何故なんでしょう?
Re2002その2
 ブレーキラインをエナメル線で付けたくらいで後は何もしていません。
Re2002その3
 相変わらず、イタリア機は風防を密閉する事をしないようですね。
 胴体の白いラインは塗装してみましたが、少し太かったようです。一部塗り分けが出来てない所や微妙に塗れていない所が。作っている時には気付かないんですよね……、だから上達しないのか……。
 資料が手元にないので何とも言えませんが、元急降下爆撃機乗りだったので爆弾懸架装置を急降下爆撃仕様にした方が良かったのかもしれません。

 次の空モノはドイツの『彗星』を予定しております。



スポンサーサイト

ようやく士の字
 梅雨入りしたと言われていたのに、晴れて乾燥した塗装にはうってつけの日々が続いていますね。
 先日、ふと夜空を見上げたら、『春の大曲線』がだいぶ西よりになって見辛くなっていました。曲線の終点が私の星座『おとめ座』のスピカなのでお気に入りだったりします。

 さて、Re.2002ですが
Re2002もいよいよ
 ようやく『士の字』になりました。サーフェーサーも吹いて、後は小物の製作と平行しつつ塗装です。
 ちなみに私は、サーフェーサーは仕上げ段階では1200番の瓶入りを二倍希釈で吹いています。缶入りの方が楽ですが、圧力のコントロールがきかないので瓶入りを使用しています。
 いよいよ塗装に取り掛かりますが……ぶっちゃけ色がよくわからないんですよね。正直、メーカー指定の色は嘘くさいし、またまた壁にぶつかった感がしますが、とりあえず完成させねば。


 『士の字』と言えば、『吉』の字を名前に持つ人は問題になったりするんですが、私の『吉開』の『吉』は『つちよし』(土に口)じゃなくて『しよし』(士に口)です。
どっちみちハンコは普通には置いてませんが

 つづきます


いきなり十の字
 今度、収録する『宇宙戦艦ヤマト2199』の香盤表(誰が何役かが書いてあるリストです)にて、名前のある役も振られているのに
メインの役名が「ガミラス語カウントダウン」
となっていてメチャクチャ驚いた今日この頃です。
 「……普通、逆じゃね」とか思いましたが、おそらく
製作サイドの信頼の顕れ
と、とても前向きな解釈をします。
二等ガミラス臣民認定ですね、これは。

 さてさて、作ると宣言してから大分日が経ってしまいましたが、イタリアの戦闘爆撃機『Re.2002』です。説明はコチラに任せましょう。
 モノはタミヤが発売し、中身はイタリアのメーカー『イタレリ』が製造したものです。で、
Re2002その1
 もういきなり十の字です。特に何か手を加えるつもりも無く、ストレートに組めばあっという間……
に行かんわ!
 メーカーの自国戦闘機への気負いは感じますよ、資料集までつけちゃうし。でも、痒いトコまでは手が届いていないんです。作ろうと手を動かせば動かすほど、残念な感じに……。
 Re2002その2
 機銃口は自力で何とかしました。キットのままだと、何か変な溝があるだけでしたので。機首上面のエアテイクが微妙に斜めなのは、パーツをホゾ穴通りに留めてしまったからです。切り飛ばしてすり合わせれば良かったと接着してから気付いても後の祭りでした。
 何より、この十の字状態になった時、本来は尾輪がついていないとダメなのですが、私がミスして落とした時、パーツが砕け散りました。折れるとか割れるじゃなく、砕けるプラスチックって初めて見ました。
 しかし、ここまで来ればあともう少し。チャッチャと作り上げてしまいます!

 つづきます