『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



宴の後
 劇団サラリーマンチュウニ第八回本公演
『僕の内定先は、ショッカーです』
 にお越し下さいました皆様、ありがとうございました。謹んで御礼申し上げます。


 ……まあ、こんな場末のブログにどれだけの宣伝効果があったのか。我ながら考えてしまうところですが。

 気を取り直して、
 舞台というものは、お祭りのようなものです。ただの『空間』でしかない劇場に皆でセットを組み、いざ本番が始まって何回かの公演を終えてから舞台装置を一気に片付けた後の、あの何事も無かったかのような、再び『空間』に戻った劇場は何度見ても言い知れぬ感覚に襲われます。
 稽古中は色々厳しい事もありましたが、片づけが終わった後の打ち上げはやはり楽しいです。
 まあ、でも暫くは舞台はいいかな……、特にセリフ覚えるのは……。

 宴と言えば、先日都内某所にて『星巡る方舟』の打ち上げパーティーがありました。
 収録時には会えなかったヤマトクルーのキャストの皆様と改めて挨拶したり、制作スタッフの方々と作品を離れた話ができました。
 キャスト挨拶では岩田を演じられた事務所の先輩である某さんにひっぱられ、『宇宙人サイド』『地球サイド』両方で二回も挨拶する事になるとは思いませんでした。
 個人的に面白かった出来事は、アニメの打ち上げではスポンサー会社様より色々な賞品を送られる抽選会が行われる訳ですが、出席されていたマウスプロモーション所属の皆さんが悉く何かしら賞品をゲットされていた事、そんな中唯一所属俳優で、テレビシリーズでは杉山、大工原という二大被撃墜キャラでお馴染みの菊本平さんだけが当たらなかった事でしょうか。本人は
「ウチのマネージャーも当たってませんから」
とおっしゃってましたが、その後
「これ、当たった役者だけ『次回作、出番ある』とかじゃないですよね?」
と弱気になっていました。
……さあ、どうでしょう?
 他にも、バンダイビジュアルさんが関わっていた為、『ヤマト』なのに賞品が『スペースダンディ』という出来事もありました。……もう、どこにツッコミ入れりゃいいのかわかんねーじゃんよ。

 私も今回は珍しく、久々に賞品が当たりました。それがこちら
ヤマトからの~

か~ら~の~






ドメラーズさ~んせい
…………
「天はこの手で、ヤマトとドメラーズを作れと言うのか……」



スポンサーサイト

やはり翼は斬るもんじゃない……
 先日、所用で秋葉原に行ったところ、骨を店頭にぶら下げているのが名物のラーメン屋さんが違うお店になっていて衝撃を受けました。
 私は10歳くらいの頃父に連れられて秋葉原に行って以降、秋葉原には足繁く通っていたので、よく様変わりする街だとは理解していても、かなり前からあったお店が無くなるのは寂しいものです。
 昔は駅前が公設市場だったもんなぁ……実年齢がばれるのでこの辺で。

すぴっとMK8(仮)十の字
 スピットファイアを十の字にしました。
 合わせ目の処理も一通り終了し、まずはサーフェーサーを吹いて状態を見る事とします。しかし今回は、この私が買った製品がそうだったのか、主翼下面のパーツが左右で微妙に反りに違いがありまして、その処理にちょっと失敗してしまいました……。

 それにしても、いただけないデザインです。(個人的感想)
 やはりあの優美な曲線が、こんな風にバッサリとやられてしまうと……。逆に、高高度用にデザインされた尖がり主翼の方が切れ長な印象で、私は好きです。既にキットは押さえてあるので、いつか作ります。

 とは言え、しばらく模型作りは中断いたします。と言うのも、私も出演させてもらう舞台
劇団サラリーマンチュウニ第八回本公演
「僕の内定先は、ショッカーです」

 の公演がいよいよ来週に迫ってまいりました。
 座席の方はまだまだ余裕がございます。このままだと主宰がロープとお友達になるという様な事を申しておりました。お芝居を観た事がないという方でも気軽に楽しめる作品となっておりますので、お時間がありましたら、是非ご覧になって下さい。
 公演の詳細については、劇団の公式HPにてご確認下さい。チケットの販売もしております。
 どうぞ宜しくお願いいたします。




このチームに人事を尽くしていない者などいない
 都心でも一日では全部解け切らないくらいの積雪がありましたが、私としましては、未だに北国の横殴りの雪のインパクトが強すぎていけません。

 さてさて、東京MXテレビとMBSで放送中の『黒子のバスケ』第三期の第4話より
 秀徳高校バスケ部監督 中谷仁亮
 で出演させていただいております。

 キセキの世代主将赤司征十郎擁する優勝候補筆頭洛山高校を相手にどのように戦うのか、ウチの選手達の活躍にご期待下さい。

 ……とは言え、MBSではもう放送してしまったんですね。私もうっかりしていました。誠に申し訳ありません。
 今回のタイトルは緑間のセリフの引用ですが、この言葉は秀徳バスケ部を演じた出演者全員の合言葉のようなモノでもあります。
 試合が終わった時、この作品について振り返ってみたいと思います。