『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



「コース728。目標七色星団」「七色星団……!?」
 『方舟』上映に間に合わせると公言してより遅れる事半年……。
 円盤発売には間に合いました!

バルグレイ左舷より
 ……発売日は27日? 少しくらい気にしない方向で

 試行錯誤の連続だった、人生初の電飾はと言うと……
点灯
 暗くしてみましょう
暗くして点灯 バルグレイ左舷後方より
 ふむ……ヴィーベル
 
 甲板の誘導灯に明度の差が出てしまったのは、残念です。電飾ポイントが多いのにいきなり手をつけるからで、単純に技術と経験の不足ですね。

 作戦行動時の感じ
 作戦開始時の雰囲気を出してみました。
 艦橋以外を消灯してありますが、これだと判り難いですね。
 ちらっと映っておりますが、前回作ると言っていた小物とはコレです。
電光掲示板
 出撃時にメッセージを表示していた掲示板を作ってみました。伸ばしランナーで作った枠に透明プラ板の欠片を瞬間接着剤で固定したので曇ってしまいましたが、小さいしこれはこれで良しと言う事で。
 ゲットーの出撃時に
”hauduk zaak dorlein
 tash rud flevle”(アルファベットに転写)
と表示していたアレです。設定資料集に書かれていた事を信じれば
『発艦準備よし
 御武運を』
との事。実際、上一行だけなら一般機やバーガーの発艦にも表示されていました。

 「準備する」と言う動詞が『ドルレイク』である事から、dorleinは「準備」という名詞と考えられます。ガミラス語も基本はSVO、zaakが「終了」という名詞『ゼーバ』と似ている事から「完了する」という動詞ではないかと予想すると、haudukが「発艦」を意味するという事でしょうか。
 また、rudはウムラウトがありませんが「高貴な」を表す形容詞rüdと同じであるならば、flevleとはガミラスにおける神もしくは軍神の名前かも知れないと勝手に想像しております。『カシュ』が「上」という意味から形の似ているtashは「下」と考えられます。直訳すると「神のご加護の下に」みたいな感じでしょうか。あくまで全て予想ですが。
 ゲットーにだけ『御武運を』と言葉だけでなく表示までするヴォック艦長の心遣い、痛み入ります。二人には何かあったんでしょうか?

 キャラクターモデルの難しい所は『そもそも存在しないものに、どこまで現実感を持たせられるか』だと思います。今回はただ組んで塗って、最後の仕上げで小細工した程度ですが、彫刻されていないパネルラインやそもそも作中でも明らかにされていない内部ディテール等を、如何にもそれらしく作り出せるのはプロモデラーさん達の職人芸ですね。
 電飾は色々と大変でしたが、出来てみると達成感があります。暗闇で狙い通りに光ってくれると嬉しいですしね。とは言え、普段私の作る模型ではあまり縁が無いですが……。
 でも、LEDも定電流ダイオードも余っちゃったんですよね~。

ドメラーズさ~んせい
 ……こういう結末なら認めら――




スポンサーサイト

後一息です
 工程をヤマトのストーリーで例えるならば、バラン星のワープゲートに突入するくらいの所まで来たでしょうか。

四段目までを前から
 遂にここまで終わりました。最後の四段目の工作も終わり、謎の突起物の類や三連装砲を取り付け、やっぱり謎の黄色の部分の塗り分けまでを完了させました。
 ただ、思うのですが、この黄色い所って窓ですよね……多分。やっている人を見かけませんが、刳り抜いてLEDを仕込むのが正解かもしれませんよね……、そんな事しませんが。第一、もう出来ませんし。

四段目までを後ろから
 やはり艦内照明は必要な工作だと感じました。貫通している所から覗く二段目の暗い事がよくお判りになるかと思います。
 それと四段目の着艦用甲板のラインだけはデカールを使いましたが、やはり見様によってはシールである事が思い切り出てしまいますね。

 ゴチャゴチャと配線が伸びていますが、余分な所を切って最終的にまとめます。その際には
ブレッドボード
 これを使います。電子工作の経験は決して多くはないので、電源はアダプターではなく9V電池を二つ使うつもりです。
 しかし、これも中の配線を調べていたら透明なバージョンの物が販売されている事を知りました。台座とお揃いになってそっちの方が良かったですね……。

 何だか反省ばかりですが、スミ入れやクリアー塗装を施して仕上げたいと思います。それともう一つ大事な小物があるのでそれを自作しないといけません。それが何かは完成した時のお楽しみという事で。

 つづきます




これはどう見てもカツオブシ
 ようやく書けますが
 祝、502アニメ化!
 ……『ストライクウィッチーズ』の話で恐縮です。只の一ファンの戯言になってしまいますが、OVA第三巻のビデオを最後まで確認した時、「まだ何かあるかも~」と軽い気持ちで再生していた時に予告の映像が流れてきた時は将に衝撃でした。
 私とこの『ストライクウィッチーズ』の間にはちょっとした話があるのですが、まあそれはさて置き、一ファンとして今後の展開が楽しみです。
 ちなみに私は505部隊の『カンタクジノ』さん推しです。

 さて、本題に戻ってエアラコブラですが、
P-400コックピット後ろから
 古いなりに内部の細かいところまで作られたコックピットです。ペダルが無い事に今さら気が付きましたが、まあ見えないので良しとします。

P-400コックピット前から
 その癖して計器盤の後ろに配線は付けました。とは言え、これも見える範囲だけなので上の方だけです。機銃の方に色を塗ってない所がありますが、絶対に見えなくなるので省略しました。
 これを組み込むと――

カツオブシ左から
 こうなります。ちなみに反対側は

カツオブシ右から
 こんな感じに。前輪は後から組み込めるようにしたかったのですが、無理そうだったのでこれも組み込んでしまいました。
 折角作った機銃部分も下から覗いた時に見えるか見えないかと言った程度ですが、見えるかもしれないので作りました。

 ここまでやっただけで随分とパーツが減りました。頑張れば想定より早く完成させられるかもしれません。
 そういう時に限って想定外の問題が発生するものですが、果たして。

 つづきます




START YOUR ENGINE !!
 と言う訳で、仮面ライダードライブ27話、28話いかがでしたでしょうか?
 特撮好きな方には聖地とも言える場所へ行く機会があったので、思い出しつつ書き連ねたいと思います。

 3月某日に収録があったのですが、収録スタジオが東映さんの撮影所という事で、作品だけでなく最早収録する場所で興奮しておりました。
 開始時間の50分前には現場に着きまして、いざ入り口の守衛さんに場所と行き方を教えていただき向かっていた時にきづいたのです。
「あれ? この道って、良く見下ろしてるアングルで見ているような……」
 そして見つけました。
どこかで見た路地
 個人的には『建物の裏口から出てくる時によく使われてる路地』と呼んでおります。
 さらに進んだ先に……
大森坂
 ハイ、キタコレ!
 さすがに3月ですし、これからお仕事という事もあり、ペットボトルの水をかぶるのは自重しました。
 普段から早めに収録スタジオに入るようにはしておりますが、この写真を撮りたいが為だけにさらに早く到着したのは公然の秘密です。
 写真撮りながら「ヤベェ」を連発しまくっていた辺り、私の脳内がヤバかったですね。
 その後、平静を取り戻し収録に臨んだ訳ですが、アニメや吹替えとも違う面白い経験をさせていただきました。あまり多くは書けませんが、台本の仕様は吹替えに近く、アテレコ用ビデオは未完成形なので想像で補う所が多いのはアニメに近いと思いました。

 正直な事を申しますと、私は昭和ライダー派です。夏休みにやっていた再放送の『仮面ライダー』第一話で本郷猛が水道の蛇口を簡単に壊してしまい、「俺は人間じゃないんだ」と苦悩する姿が衝撃的だったからだと思います。なので私の中ではやはり『仮面ライダー=改造人間(=人外)』という図式があり、仮面ライダーの新シリーズとして『クウガ』が発表された時に改造人間ではないと知ってから、以降のライダーが受け入れ難いものでありました。
 しかし、今回この作品に関わらせていただいて改めて思いました。
「仮面ライダーは人々を守る為に戦うヒーローなのだ」
 どんな素性、性格、経歴であれ、人類の平和と正義を守る使命に燃えるのであれば、彼らは『仮面ライダー』なんだと言う事を思い直させてもらえました。

 やっぱり仮面ライダーはカッコいいですねぇ



39か400か
 先日、都内某所にて行われた『ストライクウィッチーズOVA vol.3 アルンヘムの橋』の試写に行ってまいりました。
 はい、ワタクシちょっこっとだけですが出演させていただいております
 試写の時点でちゃんと観れる形になっていたのに、さらに描き直すそうです。頭が下がります。
 軽く感想を言うと、私の中ではテレビシリーズ第二期で上がったペリーヌ株が『倍率ドン、さらに倍』になった、と申しておきましょう。ペリーヌファンの皆様必見です。後は劇場でお楽しみ下さい、それから、ナニカガアルカモシレマセンヨ……?
 本日5月2日より公開です

P-400箱絵
 新しくスタートする空モノはアメリカはベル社の戦闘機P-39です。詳細はコチラ
 しかし今回は実機の如く、製作が早くも難航しております。
 このP-39色々と機体の変遷が面倒な代物で、この箱のイラストの機体だとP-39ではありません。これはイギリスに輸出された後、「いらんわ、こんな役立たず!」(意訳)と返された物を改めてアメリカが採用したP-400になります。
 個人的に連番で’P-38、P-39、P-40……’と続く方が気持ちがスッキリするので、P-39のマーキングで作ろうと思ったのですが、付属のデカールに違和感を覚えて色々検索してみたところ海外のモデラーさんのこの製品に対するレビュー記事を発見しまして、
「コレで”P-39”作ろうと思うんだったら、最近新発売されたキットにするか、別売デカールを買うんダネ。コイツはコレクションとしては意味があるよ、HAHAHA」(意訳)
と評されていました。なので、別売デカールを探すべく秋葉原周辺の模型屋さんを梯子しまくったのですが見つからず、そもそもこのキットではP-39には出来ない事がわかったので
 なら、P-400でいく
という事で、カテゴリはP-39ですがP-400で製作を進めていきたいと思います。
 とは言え、問題山積みです。
P-400(仮)右半分
 このキット、通称『ハセモノ』と呼ばれるもので、中身はアメリカのモノグラム社製、それに箱やらデカールやらを日本のハセガワが印刷して販売していたもので、肝心の中身が既に問題です
 先ずは凸なパネルラインをスジ彫りし直す所から始めなくてはなりません。今までの『スピード重視』が無理な感じです。

P-400でもお約束
 もうお約束の会社のロゴです。挙句、お気付きになりますでしょうか? ラダーにがっつりピンの跡が……。気合い入れて質感を変えたのでしょうが、ばっちり台無しです。
 メーカー以上に私が気合いを入れなければならないようです……。

 つづきます