『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ちゃららーちゃららら、ちゃららー
 タイトルの意味がよくわからない方は『木スペ 矢追』で動画検索されればおわかりになるかと思います。マジェスティック12とかわかる人どれぐらいいますかねぇ……、これもジェネレーションギャップ
 
 ところで、今年も聖戦が終わりましたね。参加された皆様、お疲れ様でした。
 しかし、二日前から徹夜とか、『艦これ』サークルの上にだけ現れたコミケ雲とか、今年もカオスな様相だったようで。
 今回はいつも回っているサークルさんが結構不参加だった事もあり、出費が少なくて済みました。久しぶりにコスプレ会場に行ってみたら、会場が広くなり、会場そのものの数も増えていた事に驚きました。はいたのですが、ガミラス人はいなかったのが残念です。
 また、外国からの参加者がかなり増えていたように思います。迷子のアナウンスが4ヶ国語でされていたり、スタッフさんにも外国人の方がいたりと、かなり国際色豊かになっているようです。

 さてさて、模型の進捗が微妙な時に不定期に発動する雑文企画。一昨年が心霊系だったので、今回は矢追さんUFOなんかで、お茶を濁したいと思います。
 突然ですが、皆様はUFOを見た事がありますでしょうか? 実は、私はあったりします。まあ、実際の所、正体が『確認できない』から『未確認飛行物体』な訳で、私の見た物もそんな感じなのですが。

 初めて見たのは私が予備校生だった時です。予備校の授業をサボって
「そうだ。たい焼きでも食べながら川原で夕焼けを見よう」
 と言う、イミワカンナイ考えがふと湧きまして、予備校近くのたい焼き屋さんでたい焼きを買い、河川敷をぶらぶらしながらボーっと対岸を見た時の事でした。
 対岸の、更に遠くにあるビルの真上に赤い光がポツンとありまして、最初は「お~、火星が見えらぁ」とか思っていたのですが、よくよく考えてみたら、まだ日が沈みきってもいないのに地平近くに火星なんて見える訳が無いのです。
 その事に気付いた瞬間から「あれ? ひょっとして?」とは思っていたのですが、そのまま見続けているとその光がスーッと遠ざかるように小さくなってフェードアウトしてしまいました。
 興奮すると言うよりも『?』マークが頭の中いっぱいでした。一人で見ると、意外と興奮しないものですね。

 まあ、流石に三日後くらいに自宅の窓から同じ物を見てしまった時は
「ヤベェ! 攫いに来た!?」
 と結構ガクブルしましたが、今こうしているので多分大丈夫なのでしょう。
 それからも何度かそのような、動かない代わりにフェードアウトする謎の光は目撃しています。色は赤だったり青白かったり。正しく未確認な物体です。

 皆様もふと見上げた星空の、星だと思ったモノがもしかしたらチガウモノかも知れませんよ……?



スポンサーサイト

ブラックジャック先生も成功率はおよそ90%
 先日、怖いもの好きなもので所謂『心霊番組』を観ていたのですが、
 「幽霊にすら自動ドアは反応するというのに、私は無視されるんだよな~」
 と思った次第です。
 駅の券売機と自動精算機にもちっとも気付かれないなんてのはしょっちゅうです。
 影が薄いのは黒子君と黛さんだけじゃないのです

 コックピットを違うメーカーからコンバートしてきた二式単戦さんですが
鍾馗(仮)手術跡その1
 主翼付け根の形が違い過ぎるので、接着前に内側にパテを充填してゴリゴリ削りました。削り過ぎてしまって、改めてパテを盛って再びゴリゴリしました。
 よーく見ると左右で形が微妙に違ってしまいましたが、よーく見ないとわからないので妥協しました。

鍾馗(仮)手術跡その2
 さらに製作に当たり参考にしている模型誌『スケールアヴィエーション』で「コックピットの位置がずれている」と指摘されていましたが、そもそも胴体の長さが足りてないのが原因のようなので実機に存在しないパネルラインの所でバッサリ切断し、1.2mm厚のプラ板を噛ませました。
 多少の歪みが生じてしまったので、やはりパテを盛ってゴリ(以下略)。

 ……おかしい。お手軽お気軽モデリングのはずが大手術になってる。
 大門未知子と違って
「私、やらかしてしまうので」
 な私がこんな手術してしまって大丈夫なのかと、作りながらもかなり不安です。本当に

 つづきます




『t』は重さじゃありません
 『ガールズ&パンツァー』の再放送はもちろんチェックしておりますが、『ワカコ酒』が個人的にヒットしております。「観ると呑みたくなる飯テロ酒飲みアニメ」とでも申しましょうか。2分という短さも相まって、本当に気楽に視聴できます。
 私はコレで、食べ終わったシャケの皮をパリパリに焼いて食べるようになりました。

 今回、新たに作り出した陸モノは
35(t)箱絵
 タミヤの35(t)戦車です。詳しくはコチラ

 『タミヤ』としておりますが、中身はCMKという実車と同じチェコのメーカーが作っており、幾つかのアクセサリをタミヤが同梱して発売された商品です。従って

35(t)バラバラ事件
 今のタミヤでは先ずありえない、「車体からして組み立てる」という簡単そうで意外と難しい作業を初っ端から強いられます。とは言え

35(t)の(仮)
 サクサクと手を動かせば、強いられようがあっという間です
 まあ、やはりと言うか何と言うか、隙間は出来てしまうのでここからパテのお世話になります。私の腕の問題もあるかと思いますが。

 小さいですが、ちゃんと戦車の形をしています。まるで世界最小のカメレオンがちゃんとカメレオンの形をしていた時のような感慨が湧きました。
 出来上がってから大きさ比較をするのも楽しそうです。

 つづきます


おーい、磯野ぉ
 夏の甲子園の代表校が全て出揃いましたね。今年は強豪が多い所からの初出場というのが多い気がします。
 私は観る専門ですが、元高校球児だった人から聞いた伝説の『横浜高校vsPL学園』の時の話や、水戸商業時代の井川慶投手と対戦した話などはやはり面白かったですね。
 ちなみに私の出身校は大体3回戦くらいで毎年残念な感じに……。中学の時の同級生は進学した高校が優勝した事もありますが、うん、これがだ。
 今年はどんな大会になるのでしょうか?

 新たに作り出したる空モノは
鍾馗箱絵
 我が日本は帝国陸軍の戦闘機『鍾馗』です。詳しくはコチラ

 キットの販売元は『アリイ』という会社でして、現在は『マイクロエース』という鉄道模型がメインのメーカーさんです。しかし、元々の製造は『オオタキ』というまた別の会社で……兎に角、事情が複雑という事です。そして古いキットであります。
 とは言え、全面リベット打ちが既にしてあるという、普通に組み立てるだけで上手くなった気にさせてくれる上に、お値段が何と¥650(箱の値札にそうありました)というお手ごろ価格。とても素晴らしい一品です。

 鍾馗(仮)コックピットその1 鍾馗(仮)コックピットその2
 サクサクっとコックピットを仕上げます。シートベルトだけ別売のエッチングパーツで……
 ハイ、コレこのキットのコックピットじゃありません
 ハセガワの鍾馗のコックピットです。如何せん、外形はなかなか良いのですが、中身の方はかなり残念な感じなのです。なので、ハセガワさんの方から引っ張って来ました。『Kパーツ』一枚で事足りるので、もし作られる方がおられましたらジャンクパーツを漁るか部品請求で手に入れる事をお勧めします。ただし、計器盤の両脇にある機関砲の尾部は含まれないので、プラ板とプラ材で自作しました。

 『単発戦闘機を手早く作る』を主題にしているはずなのに、またも問題山積みなキットに手をつけてしまいました。そう、まだまだ問題点が多いのです。どうなる事やら。

 つづきます