『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Die begrenzte Auflage für Afrika
 今回のブログが公開になるその日、人生初の人間ドックに行ってきます。
 健康であって、私の体 

 さてさて、小さい車両ながら中々時間がかかってしまいました。
 Ⅱ号自走重歩兵砲前より
 Ⅱ号自走重歩兵砲完成です。
 完成直前に気付いたのですが、防循の形が実物と大分違います。デカールを貼ろうとして国籍マークがはみ出した事で気が付きました。なので、手持ちのジャンクデカールからこの間違っている防循にジャストサイズだったモノを貼り付けています。
 
 Ⅱ号自走重歩兵砲左より Ⅱ号自走重歩兵砲後方より
 15㎝歩兵砲を搭載した車両は得てして車高が高くなってしまう傾向があるようなのですが、この車両は低い姿勢を保ったままで個人的にはカッコいい自走砲だと思います。
 今回の製作の一番の目玉は、汚しに本物の砂を使った点です。昨年、センチュリオンを見に行った時に閃きまして、砂を採取してきました。なので、マジモンの北アフリカの砂を使ってみました。閃いてから一年とちょっと経ってしまいましたけど。
 正確に言えば、この車両はチュニジアの方で戦っていたので同じサハラ砂漠でも違う砂になってしまいますが、まあそこは目を瞑りまして。何より採取できた所が観光地な為に不純物が多く、それを取り除くのが大変でした。
 
 砂漠の砂
 パステルの粉に混ぜてみたり、直接乗っけてみたりしてみました。将に自己満足の世界です。
 ……写真ではパステルの粉だか砂だかわかり難いですね。大きい粒は確実に砂です。

 一応の完成は見ましたが、実に手のかかる模型でした。このブログを見て、これを作ろうと思う方はそうそういないと思いますが、私が気が付いた作る際に注意するべき点を幾つか書いておこうと思います。
・先ず、全般的にダボ穴が当てになりません。大きさも位置もなので、ドリルで浚う必要があります。
・足回り。以前にも触れていますが、小さい補助転輪と後ろの誘導輪がそのままでは履帯が嵌りません。削って薄くする必要があります。
・車体内部のディテールは嘘八百です。通りで私が参考にしたサイトの方は内部を写した写真を一枚もアップしていないわけです。作り直すのは至難なので諦めた方が良いかもしれません。が、そうだとしても、無線機だけは最後に取り付けましょう。大砲を取り付ける際にメチャクチャ邪魔な上に干渉します。
 それと幌を取り付けるのかよくわかりませんが、三本ある謎の枠もダボ穴が片側の内壁にしか開いていません。これも取り付け時には注意が必要です。
・車外装備品のサイズがどれもいい加減で切って短くしたりしても、全てを取り付けるのは物理的に不可能です。余ったジャンクパーツから持って来た方が良いです。特に斧とMG34ですね。私は取り付けを諦めました。
 砂漠の北アフリカで使われた車両は、泥やサビといった汚れよりも強い日差しで塗装が白っぽく粉を吹いたよう(チョーキングと言います)に見える事が重要かなと思っているのですが、そのように見えますでしょうか?
 
 空モノでも東欧キットには色々と手酷い目に合わされてきましたが、まさか陸モノでもとは……。今はだいぶ良くなってきているようですが。個人的に色々と心残りが出来てしまったので、また15㎝砲とオープントップの車体にリベンジしたいと思います。
 次の陸モノは『新型Ⅳ号戦車』の予定です。



スポンサーサイト

今しばらくお待ちください……
 三月に入って、実は未だ一回しか更新していないという事実に気が付きまして、少々焦っております。

 そんな中で少しだけ進展したⅡ号自走重歩兵砲です

 Ⅱ号自走重歩兵砲(仮)本体
 全体の塗装を終え、履帯を巻き付けました。
 この履帯がやはり難関でございました。

 Ⅱ号自走重歩兵砲(仮)履帯
 製作に当たり、このキットを作られた方の製作記を読んでいたのですが、このキット
 補助転輪が分厚過ぎて、そのままでは履帯が嵌りません
なので、補助転輪パーツを全てヤスリで削って薄くしてやる必要があります。ここまではその製作記で知っていたのですが、
 誘導輪も分厚過ぎて、折角組み立ててもそのままでは履帯が嵌らない
という事に気付きませんでした(だって、そこでは『後輪』って表現されていたんですもん……)。塗装まで済ませてしまっていた誘導輪のエッジをこれまたヤスリで削って薄くして塗り直しました。
 忘れてはならないのが、
 組立説明書の通りでは転輪パーツが一つ足りない
という点です。元々Ⅱ号戦車だったキットにパーツを追加してⅡ号自走重歩兵砲にした実車通りの製造方にしたらしく、組立説明書通りにパーツを切り出しても転輪が一つ足りません
 一応、追加パーツのランナーに転輪が二つ付いているので数は事足りますが、出来が微妙です。
 履帯パーツ自体もパッと見は良い感じに思えるのですが、組み立ててみると実は精度が低く、何とか真っ直ぐに組み上がった様に見えますが、実は隙間があったりなかったりとかなり残念な感じです。何枚かは成型不良もありましたし。車体が伸びた分、必要な履帯の枚数が増えるので他社製Ⅱ号戦車のベルト式、連結式履帯がそのままでは使えませんから、この履帯パーツを使う以外にありません。ちなみに片側102枚でした。連結式だったらイケるかもしれませんね。

 かつてアーマーモデリング誌でオオゴシ*トモエさんに『キットを100個作らせる』という企画があり、その序盤でこれと車体を同じくするⅡ号戦車が作られていました。その時は「連結履帯をキチンと揃えてから接着するという事をしないとこうなる」という悪い例として挙げられてしまっていましたが、はっきり言って
 この連結履帯をまともに作る方が難しい
と思います。逆に私が参考にした製作記の方は本当に凄いとしか言いようがありません。
 完成した時にも同じ事を言うでしょうが、この車両を作りたくなった方は新しいドラゴン社製を作りましょう。その方が精神衛生上よろしい事請け合いです。

 つづきます。頑張って終わらせます……




この間観たアニメ雑感
 はい、模型製作が中々進まず、そんな時に現れるダメな方の徒然草の時間がやってまいりました。
 本日は私の『好きなアニメーション作品』を挙げるとしたら必ず名前が出る2作品で少々感想などをつらつらと書いてお目汚ししたいと思います。

 その1:『ブレイブウィッチーズ』vol.1を観て
 二か月の発売延期を経て、先月末に発売されました『ブレイブウィッチーズ』のブルーレイ第一巻。改めて第一話と二話を視聴しました。高村監督始めスタッフの皆様

 ありがとうございました

 絶対にこうなるって信じていましたとも。修正版OPが公式HPで公開されてそれを視聴した時は、CGだった時より若干スピード感が減ったような、どこか動きがぎこちないような若干の違和感を覚えていたのですが、改めてテレビ画面で再生して観ればそんなモノは一切なく、正しく『劇的ビフォー〇フター』状態でした。
 本編の方でもかなりの部分で修正が入っており、作画スタッフの皆様の苦労が偲ばれました。今しばらくはその大変なお仕事が続くのでしょうが、こちらとしても特別篇まで購入して少しでも作品を応援していければと改めて思いました。個人的には五話と六話の戦闘シーンがお気に入りなので、そちらの描写もどうなるか楽しみです。

 ……艦や海などの描き方もTV放映版と比べるとやはり劇的に向上していましたが、重箱の隅を突いて穿って穴を開けるオタク視点で観ていると、あのCG零戦でまたまた気になってしまった点に気付いてしまいましたが、最早そんなのは些末な事です。気にしていたら作品が楽しめません。気にしてたら……気にして……気になりますけども……。

 何のかんの言いながらも、『ノーブルウィッチーズ』の方もキャストが揃い、何時でも出撃可能な状態になったのもまた、ファンとしては喜ばしい限りです。島田フミカネ先生もツイッター上で「できたらいいねと言っていた事が達成できた」と仰られておりましたが、将に
 『ウィッチに不可能はない!』
だと、私は思います。こちらは何時でも出撃の準備が出来てます、ヨ?(チラッ)

 その2:『宇宙戦艦ヤマト2202 第一章』を観て
 以下、ネタバレにもなりますので未だ観てない方はご注意を。スマホからだと最初から畳まれていないようなので、スマホの方もご注意を。


...read more