『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Это приводит к мечте советского российского пространства .
 先日法事がありまして、福岡に一泊したのですが、その時の部屋番号が
 502ェ……
 ホテルを予約したのは親戚なので全くの偶然です。
 日付でおわかりになると思いますが、特別編『ペテルブルグ大戦略』の公開初日でした。舞台挨拶回のチケットを取って後輩を冷やかしに行っててやろうかなどと思ったりもしていたのですが、こちらの用事で断念していたのです。だのに……。
 二月にあったという作品の打ち上げはお知らせもいただけず、傷心していた所にコレです。
 せめて、第二期なり何なりがあった時に再び縁がある兆し、と思いたいです。
 そうそう、朝食ビュッフェの長崎皿うどん美味しかったです。

 そんなクズの戯言は置いといて――
 BI-1右後方から
 BI-1、完成しました。
 色々と悩みましたが、資料から検討して『尾翼に支柱無し、機首に機関砲あり、主脚はタイヤ』の条件を満たすのは試作6号機『BI-6』と結論付けました。……と言うか、最初から付属のデカールに『6』(のみ)が付いていました。『キン肉バスター破り』よろしく、ひっくり返せば『9』ですが、他のマーク(と言っても赤い星だけですが)の向きを考えれば、これは『6』です。
 それからデカールは最早東欧キットの宿命とも言える硬くて脆いダメダメなヤツでした……。新品で買ったのに……、まだ二年かそこらしか経ってないのに……。

 BI-1主脚
 今回、主脚にはブレーキラインを付けていません。ロシアにあるレストア機や一部の写真、資料にはブレーキラインが認められなかった為です。とは言え、Me163『コメート』もそうですが、ロケットエンジンが停止して滑空状態で着陸しなければならないのにブレーキが無いとか、怖すぎます。
 因みに、レストア機はかの有名な『モニノ空軍博物館』にあるようです。今も展示されているのかはわかりませんが……。

 BI-1とMe163と零戦と
 非常に小さな機体です。しかし、『コメート』同様に機体内部のほとんどが燃料タンクになっています。使われている燃料は『赤煙硝酸』という事で『コメート』同様の『溶ける恐怖』があったのではと思われます。どのみち周りが全て燃料という状況はやっぱり嫌ですね。
 この『赤煙硝酸』はその後ソ連のミサイルで燃料として用いられていたとの事で、やはりロシアのロケット開発の基礎にはなっているようです。

 マイナーを地で行くような機体でしたが、飛行機の歴史にはこんなのもあったんだよ、と紹介したく製作してみました。色々と大変でしたけど。
 次回の空モノは『帝都防衛1947』です。




スポンサーサイト

告知とか進捗とか
 ここの所、少しドタバタしてしまいまして、色々と滞っております。
 お仕事じゃなくて、私用が原因なんですけどね時にはお仕事でバタバタしてみたい……

①BI-1の事

 BI-1(仮)塗装完了
 BI-1、塗装終了しました。ここから更に細部を塗り分けたり、汚し塗装を入れていきます。
 来週を目途に完成させたい所です。

②足柄さんの事

 足柄艦上構造物(仮)表 
 小さな艦上構造物をひたすらに作り続けています。
 第二、第四砲塔の上に付く張り線の櫓を伸ばしランナーで自作しました。汎用エッチングパーツにもある事はあるのですが、姉妹艦『妙高』、『那智』との見分けるポイントで『足柄』だけ4本脚で、エッチングパーツは3本脚だったので自作する事になりました。ホント、報われない艦です……。
 奥にあるクモヒトデの食腕みたいなのは25mm単装機銃です。全部で24門あります。
 足柄艦上構造物(仮)裏
 これの工作は戦車の履帯なみに厳しかったです。
 いよいよ艦体色の塗装に取り掛かれます。

③告知
 来たる6月4日日曜日に、一日限りの朗読劇に出演します。場所はJR恵比寿駅より徒歩4分の所にあります『恵比寿セブン』、時間は15時からの回と18時からの回がございます。
 プロデュースするのは、我らが賢プロダクションの代表、野村道子さんです。今回の公演、私はちょっと大変な役を仰せつかったりなかったり……。
 その他の詳細とチケットのご予約はコチラとなっております。お時間がありましたら、是非いらして下さい。





第三艦隊第十六戦隊の旗艦として少しはおめかししないと
 『正解するカド』のタイトルバックに使われている異方の文字がわかるようになりました。改めてサンプルをとる必要はありますが、自分の名前をあの文字で書く事は出来るようになるでしょう。
 だからどうしたと言われれば、それまでです

 自分が関わってない作品の話は置いておいて、足柄さんです。
 足柄艦橋(仮) 足柄後部艦橋(仮)
 汎用エッチングパーツとナノドレッド、伸ばしランナー等を使って艦橋をディテールアップしてみました。エッチング以上にナノドレッドの精密さに驚きます。精密過ぎて、寧ろ存在として浮いている気もします。
 艦橋の屋上、伸ばしランナーで双眼鏡を付けてみましたが、ゴミが引っかかってますね……。撮影後取り除きました。

 20,3㎝砲
 主砲、20.3cm連装砲を金属砲身に交換しました。やはり主砲は穴が開いていないと。
 ただ、オリジナルパーツと長さが違うのが少々気にはなります。短くなりますが、カバーの所で切断しました。長いと最後に取り付けた時、船体と干渉するなんて事になられても困りますので。

 12,7cm高角砲
 対空砲である12.7cm高角砲も砲身を0.4mmの真鍮パイプにしてみました。キットのパーツを使わざるを得ない以上せめてものおしゃれです。
 しかし、これで敵潜水艦を撃沈したとか、どんだけ武闘派なんだか……。

 細々した作業が続き、目や肩が非常に疲れます。しょっちゅう飛んでいくのでストレスも溜まります。最近は
「艦船模型は沼だ」
 と思うようになりました。精密さ、緻密さを求めれば限が無く、特に日本の艦戦は実物が残っていないので当時の写真にしか頼るしかありません。資料を見れば見るほど、「この模型、実物と違くね?」と言う疑心暗鬼が生じます。飛行機や戦車は実物がまだ残っている物も多いので、何だったら見に行けば良いのですが……。
 完成すれば一応の満足は得られますが、残念ながら私の場合は腕がまだまだなものですから中々完成したから納得という訳にもいきません。
 ……この探求心をもっと仕事に生かすべきですね。 

 つづきます





第四艦隊の『餓えた狼』
 『銀の墓守り』第六話、ご覧になっていただけましたでしょうか? 突然現れた謎のキャラ『シリコン』を務めさせていただいております。
 それから、『進撃の巨人』第二期7話に出演しております。放送開始以降、この番組も視聴しておりますが、ちょいちょい自分の演じたキャラが見切れてるんですよね。つまり、声が付いたのはこの7話が初めて。しかも、私はこれ以降呼ばれていないので、お察しと言う事でしょうか。理不尽な暴力が襲う世界、それが『進撃の巨人』……。

 足柄箱絵
 今度の艦船模型は『熟れた餓えた狼』こと、重巡洋艦『足柄』です。詳細はコチラ
 軽巡洋艦からまた一つ階段を上って重巡洋艦です。今回は私が『艦これ』のアニメを観ていて気に入ったキャラだったのと、実物も主砲塔を5つも積んだ攻撃的なデザインなのがやはり気に入ったのでこの艦を選びました。
 今回はフジミ模型製の物を選びました。色々と調べて参考にしたサイトさんのレビュー記事によると「全体の出来は差が無く、ハセガワ製は船体の外板の継ぎ目が、フジミ製は舷外電路がそれぞれ表現されている」との事でした。

 足柄艦上構造物
 早速艦上の構造物、艦橋や煙突等を作っていきます。確かにここ10年以内の発売だけあって雨樋や蒸気捨て管等のパイプの出来も悪くはないと思いましたが、煙突の口は少々物足りないです。那珂と違って、『薄く削ってくり抜いて』という訳にもいきません。銅線とプラ板を使って自作する方もいますが、今回はコレに妥協する事としました。

 また、今回はアフターパーツに拘ってみようと、ファインモールド社から出ている『ナノドレッド』シリーズを幾つか購入してみました。
 八九式12,7mm高角砲
 下の正方形は1cm角です。4つのパーツを組み合わせて出来上がります。とても精巧で、評判通りのクオリティです。
 
 私のリサーチ不足で足柄の高角砲はこれとは少し形が違う事が組立後にわかりました……。これは次回の艦船模型に使おうと思います。

 意気込みが空回りしている感じがしなくもないですが、それもいつもの事です。艦娘の『足柄』さんも時々空回っている気がしますが、そこが良いですね。
 また、『足柄』はアフターパーツにもあまり恵まれているとは言えず、専用のエッチングパーツは無いに等しく、汎用のディテールアップパーツを使うにはそれなりの知識と経験が必要と、微妙に不幸な感じがしますが、艦娘の『足柄』さんも報われない属性がある気がします。でも、そこが良いですよね。

 つづきます





パーツ数と工作の難易度に関係はない
 先日受けた人間ドックで一点『要精密検査』項目がありまして、受けてきました。『精密検査』=『CT&大腸カメラなんですけどね。
 いやはや事前に説明を受けていたとは言え、2ℓの下剤を飲むのはキツかったですね。飲みながらもトイレに行かなければならず、気持ちは将に「こんな辱め……くっ、殺せ!」
 午前中がそんな感じで終わり、午後から本番です。しかしながら、体力も失われ、痛み止めとして鎮静剤を点滴されていて「やめて! 私に乱暴する気でしょ? エロ同人みたいに」などとボケる余裕もありませんでした。
 因みにポリープが二つほどありましたけど、見た目にも問題ないとの事で、その上切除までしてしまったので大腸は問題ないようです。「膵臓も大丈夫ですが、肝臓に良性の血管浮腫がありますね」とは言われましたが……。

 BI-1(仮)士の字
 BI-1、『士の字』になりました。既に一回サフも吹いてあります。胴体の合わせ目にも、主翼と胴体の間にも盛大な隙間が出来、パテのお世話になりました。
 流石にマイナー過ぎて資料がほとんどありません。箱絵のイメージがありますし、画像検索をかけると確かに実物大レプリカの博物館に展示されている写真が出て来ます。レプリカとは言え、実機のパーツを寄せ集めて組み立てられた『本物』という表現が合う代物ではあるそうです。
 しかしながら、調べた限りでは尾翼に支柱があるのは初期シリーズ(BI1~3くらいまで?)、機首に武装が施されたBI-6は支柱がありませんでした。つまり、箱絵やレプリカは間違っている可能性もあるわけです。困った……。

 BI-1(仮)機体下面
 主脚格納庫です。○で囲んである所に主脚のアームを嵌めるダボ穴が開いています。
 が、
 ご覧になってわかると思いますが、左右で位置が違います
 さぁ、どっちが正しくて、どっちが嘘吐きだ?
 こればかりは擦り合わせてどちらかに合わせなくてはなりません。いい加減だ……。

 あと一息ですが、そのあと一息が結構大変です。
 手を動かし続ければ完成する、なので頑張ります。

 つづきます