『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



『足柄の み坂畏み 曇り夜の 我が下ばへを こち出つるかも』……足柄、抜錨 ‼
 『宇宙戦艦ヤマト2202 第二章発進篇』の公開が始まりました。私と言えば、試写会に行けなかったので自分の出番がちゃんとあるかどうかをネットで検索しまして、どうやらちゃんと出ていたようで一安心です。でも、自分の目でも確認しに行きますので、告知はまた改めて。

 竣工から二ヶ月弱、足柄完成しました。

 足柄全景
 戦場が、勝利が私を呼んでいるわ!
 前作である那珂が二ヶ月強かかった事を考えると、少しは艦船模型に慣れたのでしょうか?

 足柄右舷前より
 撃て、撃てー!
 金属砲身に交換した主砲はやはり精密さがアップします。全体像なので少々わかり辛いかもしれませんが、砲身のシルエットがスッキリした感じがおわかりになりますでしょうか。重巡の模型の悲しい所で、空中線を張ると砲塔が回せなくなります……。一応、ポリキャップに嵌めているだけなので全ての砲塔が可動式となっておりますが、ポリキャップが少しキツいので回そうとすると壊れそうでやっぱり触れません。

 足柄左舷 足柄艦尾
 さ、触らないでください!
 ナノドレッドのパーツはどれもこれも細かいので工作もさることながら、目も本当に疲れました。
 真鍮パイプに砲身を交換した高角砲も我ながら中々満足です。外径0.4mm内径0.2mmのパイプだったのですが、0.3mmのドリルで穴を浚ってあります。
 艦尾の海軍旗は付属のデカールです。取り付けた後、仕上げの艶消しスプレーからの保護のつもりでヒビ割れ対策に使っているニスを塗った所、良い感じに波打ちました。こういう偶然は嬉しいものです。
 それから、25mm単装機銃を設置した結果カッターボートが載せられなくなりました。船体の外側に吊るせれば良かったのですが、キットパーツと交換したナノドレッドのボートダビットには内向きしか無く、船体の外側に吊り下げられるように外向きのボートダビットも製品化して欲しいと思いました。
 今回はナノドレッド以外にも汎用の日本海軍重巡用エッチングパーツを購入してみましたが、結果として使ったのは手摺り、探照灯台、クレーン、カタパルトぐらいでパーツが余りまくってしまいました。そういった意味では今回は、ディテールアップパーツに本体の4~5倍のお金をかけてしまいましたが、費用対効果は残念ながら薄かったと思います。
 個人的な感想ですが、カタパルトはファインモールドの製品の方が出来も工作のし易さも上な気がしました。むしろクレーンや探照灯台だけのエッチングパーツが無いのは何故なのでしょう? 艦によって全て形が違うから、とかでしょうか?

 重巡と軽巡
 前作、軽巡『那珂』とのツーショットです。この二隻は第四艦隊の臨時編成時に同じ艦隊に所属となりましたが、この時かの第四艦隊事件が発生しております。
 最後に個人的見解を補足させていただきますと
 ・探照灯台はエッチングを使用してディテールアップしましたが、そこの探照灯は撤去されていたとの事で付けていません。
 ・最後まで足柄は電探が装備されなかったとの資料から、各種電探も装備しておりません。
 ・三連装機銃は装備されていなかったともあったので、説明書で三連装機銃の指示があった所は連装機銃にしてあります。

 今回、タイトルの為に『足柄』に関する和歌を検索してみましたが、昔関所もあった急峻な山という事で大体が『恋人と会えない』とか『妻と離れ離れ』とか悲しい歌ばかりが出て来ました。こんな所でも報われないんですね、足柄さん……。
 重巡洋艦を作りましたので、いよいよ次は戦艦に更なるステップアップです。色々と悩んだ末に『大和』じゃない、『もう一つの日本の呼び名』の戦艦にする事にしました。秋口ぐらいに始めようと思います。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック