FC2ブログ
『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



フィンランド中央航空博物館への道
注意:今回の記事は非常に偏った内容となっております。
   ミリタリーに興味がない、嫌いだという方はこの先をご覧にならない事をお奨めします。
   ただ、フィンランドで鉄道を利用する際の参考にはなるかと思います。

 では、よろしいですか?

 フィンランド滞在三日目のこの日はフィン空ファンの聖地とも言える、ティッカコスキにある『フィンランド中央航空博物館(Keski-suomen Ilmailumuseo)』に行きました。
 フィンランド中部の都市ユヴァスキュラの近郊と、ヘルシンキからだいぶ遠い所にありますが、日帰り出来なくはないです。

 先ずは切符を買わなくては話になりません。フィンランドの国鉄、VRは都市間を結ぶ急行以上の列車は乗るのに基本予約が要ります。
 そこで到着初日に駅へ向かった訳です。ヘルシンキ中央駅の正面から入って左手にチケットカウンターがあり、入り口の機械で順番の書かれたチケットを取って、呼ばれるのを待ちます。
 拙い英語で何とか切符を購入したのですが、その切符が何と言うか

頼りない

です。ペラペラで大き目のレシートみたいな感じです。でも、駅や電車の名前以外にQRコードが印刷してあります。乗車した際、車掌さんが巡回に来ますが、このQRコードを読み取っていました。

 そして当日。7時の列車で出発です。フィンランドの鉄道に改札はなく、乗車後に前述の通り、車内巡回で切符を確認します。
 直通便もありますが、今回は行きも帰りも途中駅タンペレで乗り換えでした。
 鉄道における注意点ですが、発車時に案内やベルはなく、時間になったら黙って出発しますので、早め早めに行動する必要があります。実際、置いていかれたお客さんがいました。
 また、列車の種別によっては車内案内もないようです。インターシティと呼ばれる特急ではフィンランド語、スウェーデン語、英語による案内があったのですが、帰りに乗った急行列車はタンペレに着く時に放送がありましたが、それまでの停車駅で案内はありませんでした。
 それから、ドアの開閉は全てボタンで行います。トラムと同じです。

 タンペレまで2時間、タンペレから1時間半かけてユヴァスキュラに到着しました。更にここから移動します。
 フィンランドの駅には改札がない関係上、律儀に駅舎を通って外に出る必要はありません。ユヴァスキュラ駅もホームがそのままタクシー乗り場になっていました。が、ここは安くあげる為バスに乗りました。 
 市バスは22番を利用します。36番も博物館に行きますが、朝早くと夕方しかないので、必然的に一時間に二本くらいの22番に乗る事になります。
 最寄のバス停は『Tervaruukinkatu』です。が、運転手のお兄ちゃんにメモ書きを見せると首をかしげて機械を操作、レシートっぽい紙をダダーッと出すと、指でなぞっていって「あぁ、あったあった」的なジェスチャー

知らんかったんかい!

 運賃4ユーロ50を払って乗り込みますが、ヘルシンキの市バスと違って

電光掲示板がない!

 当然、このユヴァスキュラの市バスも車内アナウンスはありません。
 運転手が自分の運行路線のバス停を把握していない等、フィンランドの公共交通を旅行者が利用する際には、下調べが非常に重要なようです。
 私は今回、グーグル先生のストリートビューで、博物館周辺の道を調べておきました。
 なので、いよいよ見覚えのある道になった所でバスを降車。

いきなり膝まで雪に埋もれました

 しかも、降りて気付く

……もうちょっと先だった

 雪舞う中、車も通らない道をひたすら歩く事に。こんな時はアノ歌ですね。

『雪ーの進軍 氷を踏んで~♪』

 日本を遠く離れた異国の森を独り歌いながら歩く、おかしなヤパニライネン再び。
 しかし、歩くこと数百メートルいよいよストリートビューで見た景色が。後ろを振り向くと、まあえらい所に来たものだと、思わざるを得ない場所です。

白い……

 家が写ってますが、人が住んでいるのか、所謂セカンドハウスなのかわかりません。が、人の気配はありません。
 そして、丁字路の横断歩道を渡り、ゲートを入ると……

フィンランド中央航空博物館

着いたー!!

 入り口付近のレーダー群に目が行きますが、奥にひっそり対空砲が

ひっそり……

 いよいよ入り口でチケット(大人一枚6ユーロ)を買って、中へ入ります。
 そこには……!

 予想以上に長くなってしまったので、今回はここまでにします。まさか前・後編になるとは……
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック