『無名』日記
株式会社賢プロダクションに生息しているらしい声優・吉開清人の書置きです。不定期です。お仕事の話題は期待しないでね


プロフィール

吉開 清人

Author:吉開 清人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Какое время нападений убьет его ?
 先日、生後一月になった姪が何やら手持ち無沙汰そうに手をにぎにぎしていたので指を差し出したら、ちょっと握った後にペッと投げ出されました

 そうだね、こんな変な人に関わってはいけないよ
 ……お年玉が貰えると思うなよ

 前回の記事より間が空く事三ヶ月。ようやく完成しました。
 Il-2左前方より
 三ヶ月の間の地味で絵にもならない作業、隙間埋めと勘合の調整とポロポロ取れた小物類の再取り付けの様子をバッサリとカットします。……まさか全て組み上がってから機体内部に組み込んだラジエーターパーツが取れるとは思いませんでした。

 Il-2左後方より
 ソ連軍機としては珍しい三色迷彩です。マーキングもそこそこ派手で見栄えします。『レニングラードの為に(ザ レニングラード)』と書いてあり、尾翼の前には『クリステンコの復讐(ミェースチ ザ クリステンカ)』と書かれています。
 こういうプロパガンダ文を目立つように書くのはとてもソ連らしいです。

 Il-2武装
 爆弾空対地ロケット弾二種類の機銃、更には防御用機銃と、これでもかとばかりに武装をしています。ベトナム戦争で活躍したアメリカのA-1スカイレイダーに比べるとエンジンが馬力で半分の力しかないので、搭載重量ではだいぶ劣ってしまいますが世界最多の生産数にかかれば十分な攻撃能力だったでしょう。
 胴体は大部分が木製でツルンとしているのに対し、主翼は金属製でパネルラインが多いのもこの機体の特徴です。

  Il-2上より
 大量の武装を運ぶ為に、単発機とは言え大きい機体です。ソ連軍機は全般的に小振りの機体が多いのでそういう点でも特異な機体です。ただ主翼の形は他の機体に近い気がします。ソ連は何故か飛行機の翼に関しては皆似た感じになっている印象があります。

 模型としてはもの凄く組みやすいと言えばそうでもなく。機体の内部構造も一部再現している割に機銃等の小物の出来は今一つでしたが、デカールがとても上質でした。少しだけ透け気味ですが、薄さに丈夫さ、糊の強さも非常に素晴らしかったです。20年前の物だというのに黄ばみ等の劣化も無く、久し振りに良いデカールに会えました。
 次の空モノはイギリスの『もの凄い顎』の予定です。


『宇宙戦艦ヤマト2202第五章』感想とか雑感諸々
 今回初めて特典ドラマCDにお邪魔させていただき、本作をスクリーンで見ながらも「へー、あのトンデモ話の表側はこんな風になってたんだー」と微妙に集中出来なかった、そんな『ヤマト2202 第五章煉獄篇』の感想やら雑感やらを

今回の第五章は個人的な感想として
 何よりも映像と音の迫力が凄かった
 というのが一番印象強かったです。
 「これなら某『帝国と同盟の戦争』伝説にも負けないぞ」とか「いや、ビームの描写が太い分こっちの方がマッチョだわ」とか思ったり思わなかったり思っちゃったりなんかしちゃったりしました。

 ここから先はネタバレを含みますので、第五章をご覧になっていない方はご注意を


...read more

引き籠ると世俗に疎くなる……
 本当にそう!

 一ヶ月近くも更新をサボってしまって大変申し訳ございません。大丈夫です。生きてます
 お仕事がある日は仕事行って帰ったらゲーム。仕事無い日は日がな一日ゲーム……、そんなダメ人間の見本みたいな生活をしておりました。

 そんな風に生活していると色々な情報が入らなくなるものです。
 先日も時間潰しに入った書店で何とはなしに手にした『鉄道模型』雑誌であの豪華寝台列車『トランスイート四季島』がNゲージで発売されていた事を知りました。鉄道模型少年でもあった上に、寝台列車好きとしてはかなり心を揺るがされましたが、……なかなかいいお値段をしますね。
 そんな自分の物欲を満たす為にも働かなくては、という事で幾つか告知を。

 ・丸山くがね先生著『オーバーロード 第一巻 不死者の王』後編先月末よりオーディブルにて配信されております。
 三月末に配信された『前編』共々よろしくお願いいたします。この調子でいきますと、毎月末に前後編をそれぞれ配信していく形になるのでしょうか? となると……、再来年までよろしくお願いいたします。

 ・同じくオーディブルにて『シャーロック・ホームズの冒険』(角川文庫版、石田文子訳)が配信開始されました。
 こちらは全部で12の短編より成る本を2つずつ、計6本にて配信しております。小学生の時にシャーロキアンを気取っていた自分としては「どういうキャラ付けにしようか」と色々と悩みましたが、『ホームズもワトソンも三十代前後』という事から敢えて若めで、且つ少しアニメチックに読んでみました。
 人によってはお気に召さないかもしれませんが、もの凄く自由にやらせていただきましたので、楽しんで頂ければ幸いです。

 ・来たる5月25日に全国公開する『宇宙戦艦ヤマト2202 第五章煉獄篇』のBlu-ray、DVD更にAmazonのみの予約特典ドラマCDに出演しております。
 役どころはちょっと意外な役と言いますか、私らしいと言えば私らしいと言うか。兼ね役もありますので、耳を皿の様にして聴いて下さると嬉しいです。
 このドラマCDの収録後に山寺さんの『ローソン店内放送』の収録がありました。まさかあの素敵総統ボイスで『Loppi』という単語を聞けるとは思いませんでしたが。ちなみに何よりも凄かったのは、当日手渡しされたペラ紙一枚の台本を当然初見である山寺さんが要求された40秒にジャストで収めた事です。見学する為にスタッフブースに入れて頂きましたが、全員が「おぉー」と声を上げました。

 ダメ人間生活から早く復帰出来るように頑張ります




『フコウ』じゃありません、『フソウ』です
 先日、賢プロ付属養成所の同窓会というのがありまして、賢プロに残った者、芝居から身を引いた者問わずに会する機会がありました。
 そこで久々に再開した同期の一人が、フィンランド人の恋人が出来ていました。
 何故!? どうやったらそんなご縁が出来るのか!!?? 実に御目出度い話でありました。

 いよいよ扶桑の工作も大詰めを迎えて来ました。艦体を先に塗装してメーカー純正の『木甲板シール』を貼り付けます。
 扶桑(仮)艦体
 一気に船らしくなりました。一応、甲板には板のモールドが施してありますが、細切りのマスキングテープでマスキングをして塗装するという作業の大変さと自身の腕を考慮してシールを用いる事にしました。何よりシールにはエッチングによる船尾のリノリウム部分やそこにある艦載機運搬レールなどが付属しており、精密度をアップさせてくれます。
 このシールの問題点は、使って製作された方が一様に口を揃えて指摘している通り、本物の木を使用している事による厚みとシールの糊がどうしても弱くなりがちで剥がれたり浮かんだりしてしまう所です。
 厚みの解消は甲板を削るか、取り付ける船体側を削るかの二択です。私は後者を選びました。甲板上には扉やボラードといった小さな構造物が多く、全てを残したままシールの厚み分だけ削るのは難しいと判断した為です。糊が弱い問題は瞬間接着剤を塗布しながら付ける事で解決出来ます。
 個人的にはレーザーでカット加工がしてあるものの、キチンと切れている訳ではない為に甲板上の構造物の部分だけに開いている穴を線に沿って切ってやらなければならないのも問題かなと思いました。四角い穴ならばまだ良いですが、小さい丸穴ではきれいに切り取るのに中々骨が折れました。それと貼り合わせ方にもコツが要るようで、私の場合微妙にズレが生じてしまい最終的に何ヶ所か切って広げ、隙間に余ったシールから切り出した破片を詰める事になりました。真っ直ぐに上から貼れれば良いのでしょうか。

 扶桑(仮)錨鎖
 錨の鎖も元々削るように木甲板シールの説明書に書いてあったので、シール付属のエッチングではなく極細チェーンに交換してみました。やはり効果は高いですね。ピンと張れていませんが、まだ修正は効くはずなのでこのまま進めます。

 扶桑型はその艦歴を指して『不幸』型と揶揄される事もありますが、模型でも例に漏れずでした。
 側面に付く副砲のパーツを一つ失くしてしまいまして、予備が無い為に自作する事にしました。
 自作副砲
 上がキットのパーツ(+金属砲身)、下がプラ板をポンチで打ち抜いた物とパテを使って自作した物です。丸い台座はもう少し小さくても良かったようですが、ここまで作るだけでも苦労したのでもう目を瞑りたいと思います。
 この他にもナノドレッドに置き換えた高角砲を接着剤のビンの中に落として溶解させてしまったり、同じく置き換えた連装機銃をやはり半分溶かしてしまったりと、武装に関しての喪失が今作は多いです。
 ハイ、全て自分のミスですね

 自分のミスを不幸とか、運命の所為にして責任転嫁しながらも艦橋、砲塔といった大きな艦上構造物を塗装、取り付けて仕上げていきたいと思います。

 つづきます




超・私事ですが……
 四月が始まってもう1/3も過ぎてしまいました。
 私はというと、未だに『ランスⅩ』が止まりません末期状態です。

 更新が停滞させてはいけないのですが、とは言ってもまだずっと先のお仕事の話をする訳にもいかない訳で。と、そうこうしていたら
 姪が生まれました
 ワタクシ不肖の妹が一人おりまして、不定期不安定な職業の私なんぞと違って普通に会社勤めをして真っ当な人生を歩んでいるのですが、そんな妹がつい先日出産いたしました。
 私もこれで名実ともに『オジサン』になりました。オジサンになりました。オジ――(以下略)

 親戚一同からの「アンタ、まだ結婚しないの?」プレッシャーがより一層強くなったり、年下の妹が親になるというのに「はて、自分は何か生み出しているだろうか?」「答え:現実を直視して気分が沈む」を繰り返したりと新しい命を前に自分のライフが0になりそうですが、ギリギリの所をエロゲーで繋ぎ止めています。

 ゴメンね、姪よ。こんな変な伯父さんで

 とりあえず事務所には3、4年後のプリキュアに出られるよう猛アピールしておきます。